So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
文房具 ブログトップ

A4ペーパー用バインダ 「HINGE」 [文房具]

久々に文房具ネタです。
文房具のブログエントリ:http://digigen.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306128229

私は、仕事でもプライベートでもA4のコピー用紙にメモをすることが多いので、10年ほどA4のバインダーを持ち歩いています。

DSC03534_LR.jpg

硬質プラスチック製なので、立ったまま片手でバインダーを持ってメモをすることができますし、入手性の良いA4用紙ですので、用紙が無くなって困る、ということがないのがメリットです。

そんなA4用紙好きの私がこんな商品紹介記事を見てしまったら、買わないわけにはいかないでしょう。

A4コピー用紙でメモやスケッチを取る人必携なツール「HINGE」レビュー - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20170802-hinge/

価格も高くなかったので、すぐに購入。
会社用と自宅用に2つ買おうかとも思ったのですが、どちらにファイルしたかわからなくなることを避けるために1つで運用していくことにしました。

THINK03
http://idontknow.tokyo/think03.html

週末(土日)は発送していただけないようで、週末をはさんで到着までに4日ほどかかりました。

DSC03535_LR.jpg

DSC03536_LR.jpg

特筆すべきことは何もない、単なる軟性プラスチック製のボードです。

DSC03537_LR.jpg

詳細はGIGAZINEの記事を見ていただければわかるのでそちらにお任せするとして、私にとってちょっと慣れが必要だと感じたのが、今までは硬質プラスチック製のバインダーだったので、どんな持ち方でも文字を書くことができたのですが、HINGEは軟質プラスチック製ですので、持ち方を工夫しないと安定して文字を書くことができません。

また、バインダーであればA4用紙をメカニカルなバネでクリップしていたので、簡単には抜け落ちることはなかったのですが、HINGEは「はさむ」だけですので、逆さに持ち上げるとスッと紙が落ちてしまうことがあります。

逆に良い点としては、バインダーのクリップのような突起がなくなった分、バッグへの収まりが良くなりました。今までのバインダーでは、ノートPCと一緒にバッグに収納すると、ノートPCに傷がついてしまうため別々に収納していましたが、HINGEであればノートPCと一緒に持ち運び、収納することができます。

DSC03538_LR.jpg

そして一番のメリットは、ペンを挟んで持ち運べること。

年間、数100枚のA4用紙をメモ用紙で浪費?する私にとって、手放せなくなるツールになるかどうか、自分自身もワクワクしながら使っていこうと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

SMART-TIP フリクションボール4用も購入+リフィルアダプターで… [文房具]

先日のブログエントリで、フリクションボール3のペン先をスタイラスに変身させてしまう「SMART-TIP」 を紹介しましたが、非常に具合が良かったのでフリクションボール4用も購入しました。



フリクションボール3用の SMART-TIP の先っぽ(スタイラス部分=E-TIPと言うらしい)は一世代前のもので、フリクションボール4用の E-TIP は Ver.2.0 という最新版。若干、タッチの性能が良くなっているらしいです。
それに加えて、もう一つやってみたかったことは、フリクションボール4のペンの中に、通常のジェルインクのリフィルを入れること。ご存じの通り、フリクションボールで書いた文字はこすったり、熱を与えると消えてしまう、という性質上、申請書などの公式書類には使えません。
そこでフリクションボール4の中で一番使わない色、緑を、ジェルインクのリフィルに入れ替えて、公式書類へのサインなどの時でもフリクションボール1本で済んでしまう、そんな究極のペンを作りたいと思いました。

これを実現するためのフリクションボール用リフィルアダプターも、SMART-TIP を発売している UNUS から発売されています。

単にリフィルの長さを追加する接ぎ木の役割なので、価格が高いような気もしますが…

DSC01205_LR.jpg
ジェルインクのリフィルは、ZEBRAJSB-0.5芯 を選択しました。シャーボ用のリフィルなので少々お値段高めです。

DSC01206_LR.jpg

DSC01207_LR.jpg
こんな感じで、リフィル JSB-0.5芯 を接ぎ木します。

DSC01208_LR.jpg
フリクションボール4の緑の部分にセットして

DSC01209_LR.jpg
フリクションボール4、改め、SMART-TIP+ジェルインク使用の「フリクションボール3+1+1」のできあがり

DSC01210_LR.jpg
さすが、シャーボ用リフィル。書きやすい。

DSC01211_LR.jpg
私が愛用する、スタイラス機能付き多色ボールペン3兄弟。この3本で6000円…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

SMART-TIP 多色ボールペンをスタイラスペンに変える [文房具]

デジタルガジェット好きな私ですが、日常の仕事ではもっぱら、紙+ペンによる直筆メモがほとんどです。
物を書くという行動は、脳みそが活性化しているのが実感できるので大好きです。仕事上、考え事をするときには、PC は閉じてペンを持って書いてみる、ということを意識的に実行しています。

そんな私が愛用しているペンは、パイロットドクターグリップ4+1 に、三菱鉛筆スタイルフィットのリフィルを組み合わせて使っています。リフィルを切る、などの加工無しで付け替えられるので、ドクターグリップでゲルインクボールペンを使いたい場合はオススメです。ドクターグリップはペンの耐久性も高く、私は4年使っていますが全く問題ありません。

ゲルインクボールペンの書き味で言えば、ゼブラサラサが好みなのですが、サラサのペンは、クリップ部がすぐに折れてしまうため継続使用を断念した経緯があります。クリップ部が折れたサラサ3が何本も引き出しの中に…(サラサのリフィルが、ドクターグリップに無加工で使えれば良かったのですが、無理でした。)

4年間、ドクターグリップ+スタイルフィット一途で使ってきましたが、最近、気に入っているペンがあります。パイロットフリクションボール3です。もはや説明不要の、消せるゲルインクボールペンです。
黒インクが若干薄い、インクの減りが相当早い、というデメリットはあるものの、消せるという最大限のメリットと、書き味がサインペンのように軽くて書き心地が良い、という理由で、使用頻度が急上昇しています。

DSC01140_LR.jpg

さて、ここで終わると、単なるボールペンの紹介、で終わってしまうのですが、本日紹介したいのは、上記で登場したドクターグリップやフリクションボール3のペン先をスタイラスペン、タッチペンに変えてしまうという夢のようなパーツ、「SMART-TIP」です。

SMART-TIP | UNUS PRODUCT SERVICE.
http://unus-product.com/itemcat/smart-tip

DSC01136_LR.jpg

自分はヨドバシカメラで購入しましたが、Amazonの方が安いです。フリクションボール3用以外に、フリクションボール4や、ジェットストリーム3,4に対応したSMART-TIPが発売されています。

DSC01137_LR.jpg
ペンの先部分をSMART-TIPに変えることで、そのペン先をスタイラスペン、タッチペンとして使えるようになります。
このSMART-TIPはフリクションボール3用ですが、同じパイロット製であるドクターグリップにも装着は可能でした。ただし、シャープペンが出ません。

DSC01138_LR.jpg
ペン先とは逆の位置にタッチペン機能を付けた「ジェットストリーム スタイラス」のような製品もありますが、ペン先と同じ方向でタッチペンになるため、ペンを持ち変える必要がない分だけ非常にスムーズな操作が可能です。
その代わり、若干、感度が悪いのと、ボールペンを出したまま画面にタッチしてしまう危険性が伴う、というデメリットはあります。(スマホ・タブレットのガラス面をボールペンの先でコツンとつついたぐらいでは、キズは付かないとは思いますが)

ちなみに、ジェットストリーム スタイラスも持っておりますが、こちらは感度、操作感共にすごく良いです。他の方のレビューなどを見ると、タッチ部の寿命が少し短いようですが、替えのタッチ部も安いですし(2つで400円以下)、こちらもオススメ。自分はジェットストリームの書き味があまり好きではありませんが、前出のスタイルフィットのリフィルを少し切断すれば装着可能です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キヤノン 関数電卓 X Mark I Pro ゲット [文房具]

Amazonに予約していた Canon X Mark I Pro が届きました。

DSC01225_LR.jpg
パッケージ

DSC01226_LR.jpg
デザイン重視ですから、パッケージも凝っているだろうなぁと期待していたのですが普通でした。Appleを見習いなさい。

DSC01228_LR.jpg
そもそも期待が、、

DSC01229_LR.jpg
強すぎたのかもしれません、、

表も裏も安物プラスチック感が満載です。せめて裏面は金属を使って欲しかった。手に持った感触もまさに非金属製の安っぽさ。

DSC01230_LR.jpg
ケースは布製。数年でボロボロになりそうですが、パソコンなどと一緒に持ち歩いたときに、相手にアタックしないのはいいことかもしれません。

DSC01231_LR.jpg
キータッチはフニャフニャで、ストロークは相当浅いですが、そんなに悪くありません。

DSC01233_LR.jpg
とにかく前面のデザインが悪くないだけに、

DSC01234_LR.jpg
裏面のプラスチックへのメタリック塗装にげんなり、なのです。これなら裏も白一色の方がよかったのでは?

結果、現物を見ずに買うほどのものじゃありませんでした。久々に残念感の漂う買い物になりました。


Amazonでは売り切れになっているようです
nice!(0)  トラックバック(0) 

キヤノン 関数電卓 X Mark I Pro [文房具]

先日、ツイートの中にカッコイイ関数電卓の情報を見つけました。

xmark
キヤノン:関数電卓 X Mark I Pro
http://cweb.canon.jp/calc/lineup/function/xmark/

実は1年ほど前にも関数電卓ネタでブログエントリしていたのを思い出しました。関数電卓について2度もエントリするブログも珍しいかと。

関数電卓 CASIO fx-4500P 壊れた
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2011-09-23

関数電卓ってマイナーなブログエントリと思われがちですが、検索エンジンからこのエントリにたどり着いている方がたくさんいるようで、うれしい限りです。

仕事柄、ほとんど毎日のように関数電卓を叩いている私ですが、最近の若い衆はあまり関数電卓を持たず、Windowsの関数電卓を代用する人が増えています。エンジニア数人が関数電卓を片手に技術論議をしている光景をカッコイイと思うのは、私が古いタイプのエンジニアだからでしょうか…?

で、この近未来的なデザインの関数電卓 X Mark I Pro。
私が嫌いなフルドットマトリクスで教科書表記タイプなんですが、打ち合わせの場に持っていけば話題になりそう、っていうだけの理由でポチらせていただきました。
届いたらキータッチなどをレポートしますね。


nice!(0)  トラックバック(0) 

関数電卓 CASIO fx-4500P 壊れた [文房具]

大学2年か3年から、約20年使い続けてきた関数電卓が壊れました。
CASIOのfx-4500P。ドットマトリクス表示ができる関数電卓は当時としては高級機で、なけなしの生活費の中から無理して捻出して購入したのを覚えてます。

SDIM0328_SPP_LR.jpg

壊れたというと言い過ぎかもしれませんが、液晶画面上段のドットマトリクスが、横1~2行ドット抜けして見づらくなってしまいました。計算機能には支障がないので使い続けることも可能でしたが、過去の計算履歴を表示・再計算するのにドットマトリクス部の表示を重宝していたので、買い換えを決定。

Amazonで下調べしてみたら、価格破壊の波が関数電卓にも押し寄せておりビックリ

 

フルドットマトリクス液晶で太陽電池内蔵タイプが2,500円程度、太陽電池無しタイプに至っては1,600円程度。昼食2~3回分でフルドットマトリクス液晶の関数電卓が買えちゃうなんて。
今までと同じCASIOであれば問題無いかなとポチッてしまおうかと思ったのですが、ボタンの配置や押しやすさなどは実際にモノを見ないとわからないので、ヨドバシカメラに向かいました。

フルドットマトリクス表示のCASIO fx-373ESを触ってみてビックリ。なんと割り算の計算結果を分数で表示するのがデフォルトらしいのです。

例えば、2÷3を計算すると「2/3」と表示するのです。は?なにこれ?表示を変更しただけで計算してないじゃん!
「S→D」キーを押すと「0.6666…」の表示にも切り替えられるのですが、最初の計算結果を分数で表示してしまう設定は変更できないみたい。
なぜこんな仕様になっているのかと思ったら、http://casio.jp/dentaku/products/ntd/ にその答えが。「教科書での表記と同じように」「生徒の理解が深まり」…そういうことね。LCフィルタの共振周波数が毎回分数で表示されたら、たまったもんじゃない。絶対無理。却下。

CASIOだけでなくシャープの関数電卓も、フルドットマトリクス表示であればすべて上記の仕様。価格だけ見てネットでポチらなくて本当に良かった。ゴミになるところでした。

私にとってはフルドットマトリクスは無用と判断し、fx-4500Pと同じような上段がドットマトリクス、下段が7セグメント表示タイプで探してみると、さらに価格が安い。


fx-290 1,200円とか。

しかし、さらなる問題が。fx-4500Pで多用していた機能の一つに、pピコ、nナノ、uマイクロ、mミリ、kキロなどの単位を直接入力して計算するモード。エンジニアリング(ENG)モードと呼ばれていて、特に抵抗やコンデンサ、時定数などを計算するときに直感的に分かり易かったので多用していました。
しかし、今のCASIOの電卓にはその機能は搭載されていないようです。どれだけ高い電卓にも搭載されてない。シャープも同じ。

関数電卓売り場を隅から隅まで探して、私の希望の1台をやっと見つけました。


キヤノンのF-766S。http://cweb.canon.jp/calc/lineup/function/index.html 専用ページすら用意されていない扱いがひどい。設計した人は悲しいだろうなぁ。。

SDIM0326_SPP_LR.jpg
サイズはfx-4500Pより一回り大きくなってしまいました。fx-4500Pはワイシャツの胸ポケットにもすっぽり入るサイズでしたが、F-766Sははみ出します。
また、fx-4500Pは前面、背面に金属パネルが用いられており、手に持ったときのひんやりとした高級感や、キーの押し心地が最高なんですが、F-766Sはオールプラスチックで高級感のかけらも感じられません。

SDIM0329_SPP_LR.jpg
これが私にとって必須機能のエンジニアリング(ENG)モード。

F-766Sを使っていて驚いたのが、fx-4500Pとほとんど同じ使い心地。その理由は…
SDIM0330_SPP_LR.jpg
キー配列がほとんど同じなんです。同じカシオ同士ならそれもわかるのですが、カシオと、方やキヤノン。メーカが違うのですが?! あと不自然なくらいキーの名称も同じ。「ENG」「STO」「RCL」「CALC」など。今のカシオの電卓以上に、カシオの電卓っぽいのです。
私と同じように学生時代からfx-4500Pを使ってきて、キヤノンに入社した人が設計したのでは?と思ってしまうほどです。良いモノが受け継がれてる。そう考えるとエンジニアとしてちょっと感動。いや、、完全なる妄想なのですがね、、

新しい関数電卓を買って、あらためてfx-4500Pを眺めてみると、モノとしての美しさを感じます。角はガリガリに削れちゃっていますがそれも含めて美しい。手に持ったときに手に馴染む感じ、キーの押しやすさ。まさに機能美。20年近く使い続けられる理由がわかります。残念ながらF-766Sなどの最近の関数電卓は、20年後の姿を想像できません。

fx-4500Pは第一線を退きますが、自宅用の関数電卓として第二の人生を歩んでもらおうと思います。そして、fx-4500Pの新品同様品を探してヤフオクをさまよう毎日です。。

キングジム ショットノートルーズリープタイプ ゲット [文房具]

キングジムショットノート、A5ルーズリーフタイプをゲット。

SDIM0023_SPP_LR.jpg

同時に、A5サイズ、20穴のルーズリーフファイルを所有していなかったので、そちらもゲット。評判の良いマルマンジリウスカバーファイルタイプです。

SDIM0027_SPP_LR.jpg

シットリとした手触り。控えめな高級感。これでAmazonだと2,500円しないのだから驚き。

SDIM0025_SPP_LR.jpg

このルーズリーフファイル、こちらで紹介されているのを見て知りました。

ルーズリーフをもう一度使ってみたくなる - [ステーショナリー] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/197224/

SDIM0026_SPP_LR.jpg

A5 20穴のルーズリーフ自体があまり一般的ではないため選択肢は多くありませんが、もしショットノートのA5ルーズリーフタイプを使いたい方がいたら、このファイルをオススメします。


文房具 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。