So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コンプライ COMPLY イヤーピースを使ってみました [オーディオ]

先月購入した激安ハイレゾイヤホン campino audio CP-IE300H。1か月以上使い込んできましたが、「良い音である」という印象は変わりません。

イヤホンについては素人ですので自分自身の印象は信用していません。ですから、何度かヨドバシ店頭で数千円~数万円のイヤホンを100個ぐらい試着しながら聞き比べてみましたが(暇人か!)、総じて1万円以上のイヤホンに負けてないと思います。
個人的な感想ですが、オーディオテクニカやソニーなどの1~2万円相当のイヤホンと同等、と感じています。さすがに3~4万円のイヤホンには敵わない感じです。少なくとも前述メーカの数千円クラスのイヤホンよりはバランスが良く、しっかり鳴っていると感じます。
campino audio CP-IE300H もう一個買っておこうかと思っているほどです。

ただ、campino audio CP-IE300H には、問題点があります。それは私だけの問題かもしれません。

DSC03779_LR.jpg

この形状を見ていただくとわかるのですが、イヤホンを耳に装着したときに、イヤホン本体を耳の中でホールドし続けるための機構がなく、イヤーチップが耳の穴に密着することでホールドし続ける必要があるのです。
私の場合、右耳は問題無くホールドし続けられるのですが、左耳がポロポロ落ちてしまいます。イヤーチップを大、中、小、変えてみてもダメ、最後は痛いぐらいにグリグリ押し込んで、ケーブルの重さを軽減するために無理矢理シュア掛けして、なんとかホールドし続けられるのですが、30分間は持たず、あ外れてきたな、と思ったら、再度グリグリする、という動作を繰り返してきました。

いくら音が良くてもこれでは使い続けるのは辛いな、と思い始めて調べてみたところ、イヤーピースを他社製品に付け替える、という方法を知り、イヤーピース界で一番有名らしい「コンプライ COMPLY」というメーカのイヤーピースを購入してみました。

イヤーピースを交換する、といっても、イヤホンメーカー毎にサイズが異なりますので、
http://www.comply.jp/pdf/compatibility.pdf
を見て、対応のサイズを調べました。campino audio CP-IE300Hもしっかりリストアップされており、サイズはタイプ400。
その他、形状もTとかTsとか、いろいろ有るのですが、一番定番のT-400、サイズはLを購入してみました。


DSC03836_LR.jpg

このイヤーピースは、一言で言うと低反発スポンジ製で、指で潰すと10秒ぐらいかけてゆっくり元の形状に戻ります。

DSC03837_LR.jpg

つまり、指で潰してすぐに耳に挿入、10秒ぐらいたつと、耳の中で元の形状に戻って密着する、という仕組みです。
仕組みは簡単なのですが、実際に装着してみようとすると、熟練を要する動作です。自分も100発100中で気持ちよく装着できるようになるまでに1週間を要しました。

ただ、装着のコツがパッケージを開いた裏側に小さく印刷されているのを後から知って実践してからは、より確実に装着できるようになりました。表にデカデカと書いておけよ、と。。

APC_0167_LR.jpg

ポイントは耳たぶを後ろに引っ張りながら装着する、という点。耳たぶを後ろに引っ張ることで耳の穴がまっすぐになるそうです。

で、コンプライのイヤーピースにしてからは、何時間でもホールド可能になりました。ホールド力を比較すると、左耳の方が右耳よりも弱いのは変わらないのですが、イヤホン本体+ケーブルを支えるくらいのホールド力は発揮してくれています。

何より、campino audio CP-IE300H の音が、より良くなりました。特に少し弱めだった低音が、ほど良く強くなり、しかし中高音域はこもることなく。低音~高音まで本当にバランスが良くなり、マジでこれなら2万円級のイヤホンと勝負できると思います。
まぁ、2万円のイヤホンにコンプライのイヤーピースを付けたら、さらに良くなるのかもしれませんが…。

campino audio CP-IE300H とコンプライのイヤーピース T-400の組み合わせレビューでした。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。