So-net無料ブログ作成
検索選択
電子工作 ブログトップ
前の10件 | -

月刊Stereoの2012年1月号にラックスマン製アンプが付属?! [電子工作]

Twitter見て即Amazonで予約しました。



詳細はこちらをどうぞ。
月刊『Stereo』2012年1月号付録のラックスマン製アンプでiPhoneが本領発揮!
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/068/68365/

見ると欲しくなっちゃうでしょ?なくなっちゃうかもしれないからお早めに予約を。

個人的には、自分ではんだ付けするキット版も出して欲しかったなぁ。
それ以前に自分、スピーカ持ってないんだけど…

組み込み系の勉強中 [電子工作]

久々に組み込み系の勉強中です。

SDIM1471_LR

Interface 2010年6月号に付属していたSH-2A基板で、USB-HDDの読み書きができるようなソフトウェアの開発を計画中!
って、言葉で言うと簡単に見えますが、パソコンでいとも簡単にできていることでも、マイコンやろうとすると膨大な開発が必要です。

マイコンでUSB-HDDを読み書きするには、USBホストコントローラドライバを作り込んで、その上にUSBストレージクラスドライバを作り込んで、その上にATAコマンドハンドラ、さらにFAT32ファイルシステムハンドラで、やっと通常パソコンで実施しているUSB-HDDの読み書きができるようになります。

思い立ったら即行動!ということで、いくつか書籍を購入してきました。
組み込み機器へのUSBホスト実装技法 http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/49/49941.htm
改訂版 ATA(IDE)/ATAPIの徹底研究 http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/49/49891.htm
Interface 2010年9月号 FATファイル・システムでファイルを読み書きしよう http://www.kumikomi.net/interface/contents/201009.php

上の2つは近所の本屋に在庫が無かったので、わざわざ秋葉原のラジオデパートの2Fにある電波堂書店まで買いに行きました。電子関係書籍の在庫に関しては、紀伊国屋新宿本店の上を行っています。雑誌のバックナンバーなんかも手に入ります。

ところで、どうしてこんなことをしようと思っているかというと、、今は秘密にしておきます。完成できなかったときにかっこ悪いですので。それにあまり大声で言えることでもないですので。。(犯罪行為ではありませんよ)

実験ボード [電子工作]

現在、夜な夜な遊んでいる実験ボードです。

071105_01

左がDesignWave2007年7月号に付属していたFPGA基板、右がLANコントローラIC「AX88796」を実装したドーターボード。FPGA基板の手前のRS-232Cトランシーバを介してPCターミナルからデバッグを行っています。

071105_02

裏面は大変なことになっています。バス接続とLANコントローラICの電源周りの配線に苦労しました。

071105_03

現状、100BASE-TXでのリンク(LINK LEDが点灯するまで)と、LANコントローラICレジスタへのリードライトまで可能です。

0.4mmピッチ 実装 [電子工作]

ASIX製のLANコントローラAX88796Bを,先日,秋月電子で購入してきました。このICは,0.4mmピッチというシャープペンの芯の先より細いpin間隔で,素人の工作には縁が遠いICなんですが,これをサンハヤトのピッチ変換基板に実装してみました。

071009_01

拡大写真
071009_02

一見,pin間ショートしていそうに見えますが,テスターで調べる限り問題ありません。

いくら先の細いはんだこてを使ったところで,1pinごとに綺麗にはんだ付けするのは不可能です。そこで,比較的大きめのはんだこてで,はんだブリッジを恐れず一気にはんだ付けしてしまってから,はんだ吸い取り線をつかって余分なはんだを吸い取る方法ではんだ付けします。はんだを吸い取り過ぎると今度はpinが浮いてしまうため,結構コツが必要です。

アキバ購入品リスト [電子工作]

高速つないでイーサ(W-SIM - Ethernet変換装置)FPGA版は,W-SIMインタフェース部分のシリアル送信部,シリアル受信部と,ATコマンド送信制御部までVHDLによるコーディングと波形シミュレーションが完了しました。まだW-SIM実機で試したことはありませんが,W-SIMに対して通信速度240kbpsでATコマンドを投げて,ダイヤルするところまでは動作するものと信じています。(少なくとも波形シミュレーション上は全く問題なく動作しています。)

ゴリゴリVHDLを書くのは5年ぶりだったりするので,基本に戻って詳細なタイミングチャートを書いてからコーディングするようにしています。タイミングチャートがしっかり書けていれば,VHDLにする時はこれっぽっちも頭を使わずすんなり動作するので,やっぱり基本・原点に帰ることは重要なんだと再認識しました。FPGAのCPUコアとか,SystemCなんかでFPGA開発する人が増えると,タイミングチャートを書けなくてもハードウェア設計できるようになるようですが,そんなハードウェア,大丈夫なんでしょうかね?

実は,W-SIMインタフェースのATコマンド送信制御部あたりで,CPUコアIP使ってみても良いかな,と思い始めたのですが,まずは純粋なハードウェアで作り上げてみようと思い,ステートマシンぐりぐりで頑張っています。通信ハンドシェークや,データ送受信,メッセージ比較,送信バッファの制御はC言語で書いた方が100倍楽ちんですから。例えば,W-SIMに送信すべきATコマンドは,FPGA内部のブロックRAMというところに初期設定しておいて,それを順番に読み出しながらシリアル送信する,という制御をすべてタイミングチャートにしないといけないのです。

ただ,今までは全然楽な方。おそらく一番面倒なのがLANコントローラ制御部です。LANコントローラのレジスタ設定をはじめ,メッセージ送受信,さらにUDP/IP(TCP/IPは最初から断念)の実装を考えると,本当に純粋なハードウェアだけで設計できるのかどうかが不安になってきます。ステートマシンの渦に巻き込まれてしまうのではないかと。

今はLANコントローラの品定め(といっても候補は2つしかありませんが)や,LANコントローラの基本的な使い方の部分をトラ技やWebを使い勉強しているところです。

今後の部品在庫管理の意味もこめて、先日、アキバで購入したものを表にまとめてみました。
購入品価格型番購入店
サンハヤトピッチ変換基板 0.65mmQFP 100pin714ICB-016ラジオデパート内
サンハヤトピッチ変換基板 0.4mmQFP 120pin1050QFP-41ラジオデパート内
ACアダプタ9V1.3A600M-00815秋月電子
3端子レギュレータLM317T 2個200I-01266秋月電子
20MHz SMDクリスタルオシレータ 2個入り100P-01141秋月電子
33MHz SMDクリスタルオシレータ 4個入り300P-01512秋月電子
パルストランス内蔵RJ-45コネクタ 2個600P-00819秋月電子
LANコントローラ AX88796LF680I-01784秋月電子
LANコントローラ RTL8019AS800I-00179秋月電子
RS232CインタフェースIC ADM3202AN200I-00469秋月電子
MACアドレス書き込み済み93C46200I-01412秋月電子
プラネジ基板スペーサー 4個200P-01861秋月電子
ガラスエポキシユニバーサル基板4枚1000秋月電子
Dサブ9pinコネクタシェル50C-00034秋月電子
セラミックコンデンサ22pF 10個100秋月電子
セラミックコンデンサ33pF 10個100秋月電子
20MHzクリスタル200秋月電子
DCジャック基板用 4個120秋月電子
サンハヤトDサブコネクタ対応ユニバーサル基板 2個1670ICB-97-CK千石電商
サンハヤト モジュラ変換基板550CK-18千石電商
サンハヤト ピッチ変換基板770ICB-027千石電商
サンハヤト ピッチ変換基板340ICB-010千石電商
マイクロプッシュスイッチ10個入り 2個300千石電商
Xilinx シリアルROM XCF01SVC020 2個1340千石電商
Dサブ 9pin 基板用200千石電商
ヒートシンク 3個120千石電商
74LCX244 SMDパッケージ 2個280千石電商
電解コンデンサ 16V 10uF 10個100千石電商
インダクタ 5個100千石電商
その他 ピンヘッダ類1630いろいろ
合計14614

基板関係とピンヘッダで金額の半分を占めています。

XilinxのUSBダウンロードケーブル [電子工作]

注文していたXilinxのUSBダウンロードケーブルが届きました。

071007_01

今日はアキバに出かけて、パーツを購入。細かいパーツばかり15,000円近く買ってしまいました。いつもピンヘッダを山ほど買ってしまいます…。LAN関係、DesignWaveおまけ基板を動かすためのパーツがメインですが、なぜかサンハヤトの基板が多くなってしまいました。

071007_02

便利パーツその1。サンハヤトのDsubコネクタとDCジャックを実装する部分が用意されているユニバーサル基板。思わず2枚買ってしまいました。

071007_03

便利パーツその2。サンハヤトのLANコネクタRJ-45用変換基板。

071007_04

便利パーツその3。LANコントローラIC(0.65mm QFP 100pinパッケージ)と、QFP用変換基板。

071007_05

今日買ってきたもので、早速DesignWaveおまけ基板を動かしてみました。9VのACアダプタInput、5Vに変換して、おまけ基板と、RS232CインタフェースICへ。VHDLでおまけ基板上のLEDを1秒間隔で点滅するコードを書いて、早速ダウンロードしてみました。

結果、何の問題もなく、動作。これからバリバリ、デバッグできる!!

071007_06

DesignWave2007年7月号 [電子工作]

071003_01

CQ出版社からDesignWave2007年7月号、2冊届きました。今までCQ出版社が出している月刊誌でマイコン/FPGA基板がおまけでついてくる号は、それぞれ複数冊を購入してきておりますが、DesignWave2007年7月号は抜けてしまっており、バックナンバーを購入したというわけです。

しかし、Spartan3E-250が雑誌のおまけでついてくるなんて、すごい時代になりましたね。実は、5年以上前にまさにSpartan3E-250で製品開発を担当したことがあって、非常に懐かしいです。

これを期にXilinxのUSBダウンロードケーブル「HW-USB」を購入してしまいました。(シリアルROMも2つ購入) FPGAプログラミングなんてパラレルポートからやればタダじゃん、と思っていましたが、ハッと気がつきました。パラレルポートを持っているPCが無い…。で、仕方なく純正ダウンロードケーブルを購入することに。

個人的には開発ツールが使いやすいAlteraデバイスの方が好みなのですが、Spartan3E-250は是非使ってみたいですから。昔からAlteraの開発ツールは使いやすく、特にシミュレーション波形エディタがテストベンチ無しで動作するのが気に入っています。現在のAlteraの開発ツールはQuartus2ですが、Max+Plus2の波形エディタは秀逸でしたね。未だに波形エディタだけはMax+Plus2を使っている人も多いのでは?

安藤電気AE5131プロトコルアナライザ ゲット [電子工作]

ヤフオクで安藤電気製のAE5131というプロトコルアナライザを購入しました。簡単に言えば通信回線上のシリアルデータをモニタすることのできる測定器です。

AE5131本体だけでは何の役にも立たず,本体スロットに各回線に対応したオプションのインタフェースユニットを挿入しないといけないのですが,ヤフオクにAE5740WANモニタユニットが挿入された状態で出品されていたのを見つけて落札しました。実は,ヤフオクの説明文章にはインタフェースユニットのことは一切触れられておらず,出品の写真にユニットが挿入されている状態で写っているAE5131を見つけて,密かに狙っておりました。

届いたAE5131には狙い通りAE5740WANモニタユニットが挿入されていましたが,なんと500MB(今となってはこの容量は化石ですが…)のHDDユニットも挿入されておりサプライズ!!。この構成であれば,10年前は150万円クラスの測定器。1/150の価格でゲットしてしまいました。

070919_01

070919_02

ところで、

つないでイーサの解析はほぼ終了。W-SIMを制御するためのATコマンドを始め,その後のPPPハンドシェーク,W-SIMとEthernetとのブリッジ動作などの一連の制御が把握できました。

W-SIMとつないでイーサの間のシリアル通信速度は57.6kbpsであり,4xやW-OAMの恩恵を得られていないのは確かですが,逆にシリアルの速度を上げられない原因を考えてみると,一部のパケット処理が追いついていないのではないかと推測しています。

そこで,マイコンではEthernetフレーム処理だけを担当させ,PPPパケットの処理はハードウェア(FPGA)に実装することにより,W-SIMの最高速度である200kbpsに完全に対応できるのではないかと思っています。これが安価でできれば(つないでイーサ以下の価格で),結構売れるのではないかと思っているのですが,いかがでしょうかね? W-SIMのコンソーシアムに参加していないと正式には販売できないでしょうけど,秋月電子あたりに実験用キットとして出すとか。。

ただ,個人的な問題ですが,Ethernetのソフトウェア実装の経験が皆無でして,今,こないだ購入した秋月電子のH8/3069マイコンボードを使いUDPパケットの送出実験なんかを細々と続けている所だったりします。いったい,完成はいつになることやら。

モバイル無線LAN用電源ユニットの製作 [電子工作]

アキバに出かけて、各種部品類を調達してきました。秋月電子千石電商の2件で7,000円ほど。また、使うか使わないかわからないような部品をたくさん買ってしまった。

アキバから帰って、まずはiPod touchのためのモバイル無線LANアクセスポイント用電源ユニットの作成を開始。BELKINの無線LANルータは5V、つないでイーサは3.3Vということで、ニッケル水素電池(エネループ)を4本直列にして5V出力、それをレギュレータICを通して3.3Vを出力します。

問題は電池ケース。3.3VレギュレータICが内蔵できるような電池ケースが無いものかと家の中を探してみると、今やほとんど使わなくなったドコモFOMA用充電器を見つけ、決定。内部に基板が入るスペースがあることは知っていたので、ここにレギュレータICを内蔵させてみました。

070916_01

意外と大変だったのは、ユニバーサル(穴あき)基板と、電源トグルSW用の穴加工。すべてカッターとニッパーで加工しました。(右手親指を深さ3mmほど切ってしまいました。)

070916_02

070916_04

我ながら見事な出来映えです。このドコモFOMA用の充電器、価格はたしか2,000円ぐらいで単なる電池ケースとして考えてしまうと高いですが、基板を加工して、中に自作の回路を内蔵できる電池ケースと考えると、あながち高いとは言い切れないかもしれません。ドコモ純正品(三洋電機製)ですから電池接点のターミナルなどの作りもしっかりしています。

エネループ4本直列で、解放電圧は5.3V。1A程度の負荷を与えると5.1Vぐらいまで下がります。5V電源としては非常に使い勝手がよい電圧です。 (知らない人に市販の乾電池を入れられたらアウトですから気をつけないといけませんが)

070916_03

動作確認をしたところ、3.3VレギュレータICの発熱が意外と大きいことがわかりました。電流は計っていませんがおそらく500mA以上は流れていそうです。そこで、秋月電子で見つけた秘密兵器。

クールスタッフというシート上のヒートシンク、30x30mmが2枚で100円でした。これをはさみで切って、レギュレータICとその周辺に貼り付けました。

070916_05

完成後、連続稼働させてみましたが、クールスタッフが効いているのかどうかはわかりませんが、熱的には問題なさそう。(においなどの発生は無し)

電池駆動時間は、満充電したエネループで連続2時間動作させると、無線LANルータのWANポートが先にOFFになりました。電池の持ちも実用上、問題なさそうです。

あとは、iPod touchと接続試験をするだけですが…。到着が待ち遠しい。

W-SIMインタフェース調査 [電子工作]

つないでイーサを使って、W-SIMのインタフェースをロジックアナライザでモニタしてみました。ロジアナと言ってもでかい測定器ではなく、USB接続するタイプのモノです。

070915_01

モニタしたのは、W-SIMのTXD端子とRXD端子です。

070915_03

チャート内A-B間は17us。つまりW-SIMとつないでイーサの間の通信速度は57.6kbpsということになります。あれ? どこかに64kbpsだと書いてあった気がしましたが…。SPEEDTESTのサイトで調べると実測40kbpsというのもうなづけます。

では、ここの通信速度をW-SIMが対応している120kbps、もしくは240kbpsに上げれば、スループットが上がるのかと言えば、一概にはそうは言えないような気がしています。その理由は、追々検証を進めていきながら明らかにしていこうと思います。

その他、W-SIMでダイヤルアップするためのATコマンド手順、接続が完了した後のPPPフレーム(正確には、PPP in HDLC-like Framing。詳しくはRFC1662を参照。)の内容まで解析が終わりました。ダイヤルアップの手順は意外と単純で、つないでイーサの高速自作版も開発できそうな気がしてきます。

これらの解析結果は、検証しつつ、徐々に公開していこうと思います。

私が使っているロジックアナライザは、5年ほど前にアキバの秋月電子で買いましたが、未だにソフトウェアのバージョンアップが行われているなかなか優秀な測定器です。各種のトリガを始め、通信速度などを入力すると、ASYNC(調歩同期シリアル)の翻訳もしてくれます。おかげでATコマンドやPPPフレームのやりとりの解析に大いに貢献しました。やったことがある人ならわかると思いますが、シリアルデータを読み取るのって意外と大変なんですよね。

070915_02

右のモニターでは、Vmware Fusion上でWindows XPを動作させてロジックアナライザのソフトウェアを使ってシリアルデータを追っかけます。左のモニターは、RFCドキュメント閲覧やメモ帳で解析結果をメモしていくという、数年前から考えると夢?のようなデバッグ環境です。
前の10件 | - 電子工作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。