So-net無料ブログ作成

SHURE SE846をAT-PHA55BTで鳴らした時のノイズ問題 続き [オーディオ]

前回のブログエントリで、SHURE SE846をAT-PHA55BTで鳴らした時のノイズはひどいが、アッテネータで感度を下げることである程度は対策可能である、というレポートをしました。

が、やはりアッテネータを入れると音が劣化するのがはっきりわかるので、ノイズに目をつぶって、AT-PHA55BT直挿しで聞いています。ノイズさえ無ければ、文句なしの音なんですがね。。

しかし、SE846を購入した直後には、このひどいノイズに気がつかなかったため、もしかしてSE846のノズルを「ブライト」に変更したのが要因なのかと考え、試しにノズルを標準の「バランス」に戻してみました。

確かに、、ノイズがほとんど目立たなくなります。。
反面、、高域の艶やかさは激減。。

ノイズを取るか、艶やかさを取るか、悩ましいですね。。
ノイズを我慢してでも、「ブライト」ノズルで奏でられる艶やかさが忘れられない私です。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

SHURE SE846をAT-PHA55BTで鳴らした時のノイズ問題 [オーディオ]

前回のブログエントリで、SHUREのイヤホンSE846を、Bluetoothヘッドホンアンプ AT-PHA55BTのBAモード(モードB)で鳴らすとノイズが聞こえる、と書きました。
極端な例としては、クラシックを聞いていると、ずっとノイズが聞こえてくるのでとても聞いてられないレベルです。

これについても、ググって見ましたらすぐに理由はわかりました。
SE846の9Ωという低インピーダンスと感度114dBという高感度イヤホンに対して、出力インピーダンスが低いアンプと組み合わせると、どうしてもノイズが聞こえてきてしまうということです。

SE846のマニュアルにも書いてありました。
「Shureイヤホンの非常に優れた感度は、ノイズフロアとオーディオの音量を均等に増加させます。但し、再生機器側で音量を下げても、固有のノイズフロアは同じレベルに留まります。」

つまり、ノイズが聞こえてしまうのは仕方が無い。ノイズを下げたければ感度を下げろ、ということです。
そのためにどうするか。

「インラインアッテネータ、EA650ボリュームコントロールアダプターは、音楽とノイズの全体のレベルを同じ割合で低下させることで、音楽をノイズよりもずっと高い音量レベルに維持します。 」

そうなんです。SE846にはインラインアッテネータが付属しています。これで適度なインピーダンスを差し込み、感度を下げる、というのが解決策です。

IMG_3835_LR.jpg

SE846という高級イヤホンに付属してくる部品としては、あまりに貧弱な出で立ち。
しかもリケーブルなどを施している人にとっては、こんな不純物を間に噛ますなんて、死んでもやりたくないでしょうね。。
(私はリケーブルには多少懐疑的な立場ですので、あまり気にしてません)

確かにこのアッテネータのボリュームを調整すると、ノイズが聞こえないレベルまで押さえ込むことができます。ポイントはノイズが聞こえるか聞こえないかのギリギリにボリューム調整すること。下げすぎると、AT-PHA55BTのモードAの二の舞になります。
ギリギリを攻めると、モードAほどの違和感を感じることなく、ノイズレベルだけを下げることができます。ただ、曲調で微調整は必要かな、とも思います。ロックはアッテネータ弱め、クラシックは強め、みたいな。

IMG_3837_LR.jpg

仕方ないので、しばらくはAT-PHA55BTのクリップにSHURE純正のアッテネータをマジックテープで固定して使っていこうと思います。

ただ、あまりスマートではないので、ジャンル別の何種類かの減衰量固定アッテネータを自作してみようかな、という電子工作熱が沸々と沸いてきてます。
プラグやジャックを多少こだわってみるとか。まずはアッテネータ回路設計してみようっと。(いくつかの抵抗の組みあわせだけですけどね)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

SHURE SE846をAT-PHA55BTで鳴らしてビックリ?! について、理屈がわかりました [オーディオ]

前回のブログエントリで、SHUREのイヤホンSE846を、Bluetoothヘッドホンアンプ AT-PHA55BTの、BAモード(モードB)で鳴らすとめちゃくちゃスゴい、と言うことを書きました。

オーディオテクニカのホームページには、モードAは適度な出力抵抗を持たせ、モードBには出力抵抗をキャンセルしている、ということを書いてあり、なぜBA(バランスドアーマチュア)イヤホンであるSE846をモードBで鳴らすとこんなにもスゴいのか?を不思議に思いましたので、少し調べてみました。

SE846のインピーダンスは9Ωなのですが、BAイヤホンはインピーダンスが周波数によって変動する、という特性があるそうです。特にSE846はそれが顕著であり、アンプの出力インピーダンスに影響を受けやすいイヤホンである、と。

Sandal Audio: ヘッドホンアンプの出力とか、インピーダンスについて(後半)
http://sandalaudio.blogspot.jp/2016/07/blog-post_9.html
中盤ぐらいに、まさにSE846の話題が書かれています。非常に勉強になります!

なので、AT-PHA55BTのモードBで出力インピーダンスをキャンセル(というかできるだけ低くする)という特性は、まさにBAイヤホンのために用意されたモードであり、SE846がAT-PHA55BTのモードBでスゴい、というのも理にかなっています。

逆に、モードAでSE846を鳴らした結果の感想を、前回のブログエントリで「ピークでリミッターがかかるような、窮屈でモヤがかかっているような感じ」と書きましたが、あえて出力インピーダンスを持たせてあるモードAでは、SE846は周波数によって鳴りやすい、鳴りにくいが顕著に表れた結果である、ということになり、自分の耳で感じたことが理屈と一致したことでとてもスッキリしました。

ただ、SE846とAT-PHA55BTの組みあわせで、一つの大きな問題が発生しました。
ノイズです。

簡単に言うと、AT-PHA55BT モードBでボリュームを下げていくと、サーとか、チリチリとか、ゴニョゴニョとか、曲調によって異なるのですが、はっきりとノイズが聞こえるのです。モードAではノイズは発生しません。
S/Nの程度問題だから、ボリュームを上げれば目立たなくなる、はその通りなのですが、例えば静かなイントロから始まる曲では「マジか」と思うほどはっきりとノイズが聞こえてきます。

この問題については、次のブログエントリで分析と、解決に向けてのアプローチをいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

SHURE SE846でお気に入りのチューニングを探す [オーディオ]

先日購入したSHUREのイヤホンSE846がとにかく素晴らしすぎて、昔の曲、新しい曲、いろんなジャンルの曲を次から次へと聴きたくなってしまい、寝不足の日が続いています。

今まで、SHURE純正のフォームイヤパッドLサイズを使っていましたが、試しにコンプライのT-100 Lサイズに交換したらどうなるのか、購入して試してみました。

IMG_3758_LR.jpg

結果は全然ダメ。コンプライとSE846は水と油でした。(あぁ2000円無駄になった…)
低域は漏れて外に出て行ってしまっていて半減。高域は少し籠もった感じになります。全然ダメ。

コンプライの方がSHURE純正よりもスポンジの密度が低く、指で押しつぶしたときに元の形に戻るまでの時間が倍くらい早いです。
SHURE純正は指で押しつぶして耳に装着してから、耳の中で完全に安定するまでの待ち時間が長い(約30秒)というデメリットがあるのですが、それを差し置いても低域、高域共にSHURE純正のイヤパッドが圧勝です。

まぁSHUREも純正のイヤパッド込みで音のチューニングしているでしょうし、他社製イヤパッドの出る幕は無いですよね。


純正イヤパッドLサイズの予備買っておこうっと。


次に、SE846本体の音のチューニングです。

APC_0183_LR.jpg

イヤピースを差し込む金属製の軸を専用工具を使って取り外すと、その中から青の小さな棒状のパーツが出てきます。これを交換することで、中高域の音の出方を変えることができます。

購入時に装着されているのは青の「バランス」。
白は「ブライト」と言って中高音が少し強調されるそうなので、白のブライトに交換してみました。

ほんの一聴きでわかる、高域が突き抜けるようなスッキリ感、クリア感、キラキラ感。すごい!!もうおなかいっぱいなのに、また一つ高い壁を越えてくるSE846のすさまじさ。あまりのすごさに頭を抱えて「なんじゃこりゃ」と声に出してしまったほどです。

そのかわりに低域が青のバランスに比べてほんの少し弱まっている気もしますが、もちろん低域スカスカなんてことにはなっていません。自分は白のブライトで使っていくことに決めました。

いやぁ、それにしても、すごいイヤホンですわ。SHURE SE846。

IMG_3764_LR.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

激安 Qi ワイヤレス充電パッド ゲット [モバイル]

出張の帰りに少し時間が出来たので、秋葉原を散策していたら、激安の Qi ワイヤレス充電パッドを見つけたので、2つ購入。

APC_0177_LR.jpg

税込850円でした。2つで1700円。

ただ、Amazonで全く同じものが、送料込み458円で売られています。中国から発送で到着まで1~2週間かかるそうです。



Amazonでは評価が低いですが、私が購入した2枚とも、ちゃんとiPhone Xを充電することができました。

APC_0178_LR.jpg
Micro USBケーブルで給電すると、常に赤いLEDが点灯したままとなります。

Qi
iPhoneを上に置くと、透明のリングが青く点灯します。(写真はAmazonから拝借)
価格が安い割に結構おしゃれです。

1つは、会社のデスク用、もう1つは分解してQi充電回路を摘出して、クルマのiPhoneホルダーに内蔵できないか、を検討しています。

しかし、ワイヤレス充電ってめちゃくちゃ便利ですね。スマホのQi充電は不要だと思っていましたが考えが180度かわってしまいました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

SHURE SE846をAT-PHA55BTで鳴らしてビックリ?! [オーディオ]

発売日にゲットしたワイヤレスヘッドホンアンプ audio-technica AT-PHA55BTですが、17/11/23現在、品薄になっていますね。

171123_AT-PHA55BT

約2週間使っていますが、確かに良い製品だと思います。Bluetoothを感じさせないヘッドホンアンプです。

「思います」と曖昧な表現をしたのは、こちらのブログエントリでも書いたとおり、iPhoneで使う上に置いては、有線(Apple純正のLightningヘッドフォンアダプタ)と比較して、明らかな有意差を感じなかったからです。

ただ、先日購入したSHURE SE846とAT-PHA55BTを組み合わせたときにビックリしたことが起きました。

AT-PHA55BTには、モードAとモードBという2種類の出力が選択できます。モードAはダイナミックドライバ用、モードBはBA(バランスドアーマチュア)用、と書かれています。

detail

私は今までダイナミック型のイヤホンしか持っていませんでした。
例えば、SHUREのダイナミック型イヤホン SE215SPE-AをAT-PHA55BTに接続する場合、モードAだと音が小さくモードBだと音が大きくなる、という程度の違いしか認識できませんでした。

言い換えると、モードAとBで同じ音の大きさに聞こえるようにボリュームを設定すると、ボリューム位置が変わりますので、AT-PHA55BT内部のアンプ回路の出力が変わっているので、それぞれ音の特性は変わっているはずですが、私が持っているイヤホンではモードAとBで音の特性の違いは認識できませんでした。

ところが、BA(バランスドアーマチュア)型イヤホンであるSE846をAT-PHA55BTに繋ぐと、モードAとBでガラッと音の出方が変わります。

一言でいうと、モードAでは全くSE846の良さが出せません。ピークでリミッターがかかるような、窮屈でモヤがかかっているような感じになります。
逆にモードBではすべてが解き放たれ、目の前の霧が晴れ、スッキリとした迫力のある音になります。

オーディオテクニカのホームページには、モードAは出力抵抗を持たせ、モードBには出力抵抗をキャンセルしている、というような書き方をしてありますが、BAイヤホンの方が出力抵抗に敏感だということなのでしょうか?理屈はわかりません。

ちなみに、SE846をApple純正のLightningヘッドフォンアダプタを介してiPhoneで直接鳴らすと、AT-PHA55BTのモードAともBとも違う、別の性格の音になります。

実はSE846は内部インピーダンスがたった9Ωしかないため、iPhone直挿しでもガンガン鳴らせてしまいます。iPhone本体のボリューム位置1/3ぐらいでうるさいぐらい鳴るのですが、逆に鳴りすぎている感じがします。歯止めが効いてないというか、エッジが立ちすぎて耳に刺さります。決して音は悪くないとは思うのですが、聞いていて疲れます。こういう音が好きだという人もいるかもしれませんが。

つまり、AT-PHA55BTは本来のヘッドホンアンプとしての機能を、SE846との組みあわせで発揮できていると言えると思います。

BA型イヤホンをお持ちの方は、是非AT-PHA55BTのモードAとBでの鳴り方の違いを聞いてみてください。ヨドバシカメラで視聴できますよ!


11/23現在、Amazonでも品切れですね。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

イヤホンでモヤモヤするのは面倒!SHURE 最高級BAイヤホン SE846 ゲット [オーディオ]

SHURE SE215SPE-A を買って、付け心地は最高なのに、音が悪い!というブログをエントリした前回から、数日間モヤモヤしたのですが、もうモヤモヤするのは面倒だ!最高峰のイヤホンを買ってしまえ!ということで、

DSC04047_LR.jpg

SHURE SE846CL-A (クリスタルクリア)買いました!

前回のブログエントリの最後に「SHUREの上位モデルを買うしかないのかしら。」と書いている時から、SHUREの上位モデルである、SE535 Special Edition や、SE846 は気になっていたのは確かなのですが、価格がそれぞれ6万円弱、11万円弱と、おいそれと買える価格帯のイヤホンではないな、とも思っていました。

ただ、SE535、SE846共にヨドバシカメラで視聴はすませており、それぞれBA(バランスドアーマチュア)ドライバのキレの良い音が頭から離れず、でも価格がなぁ、という無限ループのまま数日が経過しました。

数日後、ヨドバシ.comを見ていたら、SE846が105000円から89000円に値下がりしている!
次の瞬間から記憶がなくなり、気がついたら手元にSE846がありました。。

DSC04052_LR.jpg
高級イヤホンってこんな風に梱包されているのね。

DSC04054_LR.jpg
DSC04055_LR.jpg
DSC04057_LR.jpg
音については後ほど書くとして、この見た目がヤバい!4つのBAドライバがひしめき合って納められている様子は、機械式腕時計に魅せられる感覚に近いです。

さて、音についてですが、素人の私が語るのはおこがましいです。なので、お偉い先生方が書かれたレビューをご覧ください。

【レビュー】別格の最上位、Shureの4ドライバ「SE846」を聴く - AV Watch Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/600748.html

Shure「SE846」と最新DAPを組み合わせ試聴。唯一無二のマルチBAイヤホン “現在の実力” (1/3) - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/201707/03/2583.html

Shure「SE846」レビュー:ハイレゾ音源の本質を味わい尽くせる銘機を改めて検証 - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/201507/08/1710.html

SHURE最上位イヤホンがもたらす“3つの感動” - 「SE846」を大橋伸太郎がレビュー (1/2) - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/201306/20/838.html

【レビュー】SHURE「SE846」を聴く ー イヤホンリスニングに革新をもたらすサウンド (1/3) - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/201305/21/811.html

上手く書ける自信がありませんが、私個人の感想を羅列してみます。

・「これより上はありません。これが最高峰のイヤホンです」と言われたら素直に納得できる、そんなイヤホンです。
・全周波数帯の音が、すべて綺麗に、切れよく、鳴っています。イコライザOFFが一番シックリ来ます。
・このイヤホンには籠もり、という概念が存在していません。ザラつきも皆無で、すべてがクリアです。
・邦・洋ロックばかりを聞いてきましたが、ジャズとかピアノソナタとかも聞くようになりました。(Apple Musicは偉大です)
・ドラムのキレがヤバい。
・とにかくずっと音楽を聞いていたくなる。
・SE846でずっと聞いているとそれが至って普通になるのですが、別のイヤホンを付けたときの「これじゃない」感が半端ない。

一つだけ、SE215に負けていることがあります。それは装着感。SE215が100点満点だとすると、SE846は95点。
マイナス5点は、SE846のイヤホン本体の大きさ、重さによるものです。もちろんシュア掛けしますので勝手に耳から落ちたりしませんが、耳の中にピッタリ収まっている、という感覚は、SE215の方が高いです。

素人の私が言っても全く説得力が無いとは思いますが、これが9万円なら安い、と思います。
遠回りせず、ここにたどり着けて良かったと心底、思っています。


ポイント換算でヨドバシなどと同額です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

憧れのシュア掛け?! SHURE シュア SE215SPE-A ゲット [オーディオ]

最近は時間があると会社帰りにヨドバシカメラに寄って、各社のイヤホンを視聴しまくる、ということを繰り返しておりますが(決して、暇になった訳ではありませんが)、以前から気になっていたSHUREのビギナー向け SE215 Special Edition (SE215SPE-A)が通常より2000円ほど安くなっていたので買ってしまいました。

APC_0175_LR.jpg

シュア掛け、で有名な、ミーハーなアレです。(失礼!)
https://www.shure.co.jp/ja/support_download/educational_content/in-ear-monitoring/Earphones--how-to-get-the-right-fit

私もSHURE製ではないイヤホンでシュア掛けのまねごとのようなことをしたりしていましたが、通常のイヤホンでシュア掛けしてもケーブルの収まりが悪く、ダメなんですよね。

早速、SE215SPE-Aで憧れのシュア掛けをしてみましたが、さすが本家。今までのイヤホンでは感じた事の無い安定感。走ったりしてもビクともせず、間違ってケーブルを少し引っかけたとしても緩みません。
また、通常のイヤホンでは、付け具合で音が変わったりして安定しないのですが、SHUREのイヤホンは一度耳に装着してしまえば、毎回同じ品質の音で聞くことができます。装着するたびに位置、方向、深さが毎回全く同じなんですね。耳の中に埋め込む「イヤモニ」形状ですから当然です。

難点と言えば、脱着に手間取る、ということです。これは脱着を数10回繰り返していれば、自分にとって良い方法が見つかります。装着だけでなく、耳から抜き取るのも、普通のイヤホンのようにケーブルを垂直に引っ張るだけでは抜けませんので、しっかりイヤホン本体をつまんでゆっくり取り外す必要があります。

装着感や安定性は申し分無し。100点満点です。

肝心のSE215SPE-Aの音ですが。。
毎度、免罪符にしている「素人の私ですが」の冒頭文言を再度使わせてもらうのですが、素人の私からしても、決して音が良いとは言えません。。正直悪い、と思います。

APC_0174_LR.jpg

私がイヤホンにこだわりはじめるきっかけとなったcampino audio CP-IE300Hの方が明らかに音が良いです。CP-IE300Hって2000円ですよ?恐るべき新生イヤホンです。

SE215SPE-Aですが、とにかく音が雑。ザラザラしてます。低音は若干強調されていますが全体的にはバランスがよい感じなのですが、とにかく全体的にザラザラしていて、聞いていて全く気持ちよくない。
一方、CP-IE300Hはとにかく中域がクリアで澄み切っています。が、難点は装着感と安定性。コンプライのイヤーピースを付けて安定性は若干増したとはいえ、やはり頻繁に付け直しが発生しています。

今回、SE215SPE-Aを買ってみて、憧れの本家シュア掛けを体験して、その付け心地は大満足。今後もSHUREを使っていきたいのですが、SE215SPE-Aの音には不満足。
上位モデルを買うしかないのかしら。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

無接点充電 Qi モバイルバッテリー ゲット [モバイル]

iPhone Xを入手したのでiPhone8から対応した無接点充電を試したくて、2012年に買ったPanasonicのQi充電器を押し入れの中から引っ張り出してきましたが、見事に壊れてました。。

Panasonic 無接点充電 ChargePadシリーズを揃えてみた
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2012-02-22-1

ならば買うか。とAmazonをのぞいていたら、Qi対応のモバイルバッテリーがありました。



確かに、無接点充電の利便性を最大限に発揮しようと思ったら、ケーブル無しでテーブルにポンと置いてあるモバイルバッテリーに、iPhoneを置くだけで充電してくれるのがスマートだな、と考えると、凄く理にかなっているような気がしてきました。
残念ながら、どれもアヤシいのですが、失敗しても後悔しないように一番安い奴を買ってみました。

DSC03954_LR.jpg
一応、「まともな」日本語の説明書が付いていました。LINEでサポートしてくれるそうです。

DSC03955_LR.jpg
DSC03956_LR.jpg
モバイルバッテリーはまだしも、このMicro USBケーブルは使う気になりませんでした。。。

DSC03957_LR.jpg
一見わかりやすそうで、実はよくわからない、LEDインジケータの説明。

早速、iPhone Xを乗せてみました。

DSC03958_LR.jpg

「ピー」という大きめのブザー音がバッテリーからして、充電がスタート。いいねぇ。

DSC03959_LR.jpg

このモバイルバッテリー、すごく薄いので、iPhone Xを乗せたときに妙な一体感があります。ブラックを選択すればよかったかも。

充電スピードは遅いです。でも、テーブルに置いておいても邪魔になりませんし、重ねたまま持って移動できるのが予想以上に便利です。ちょっとオススメかも。

欠点は、「ピー」音ですね。ちょっとうるさい。何の目的なのかと思っていたら、少しズレて置かれた場合に「ピー、ピー」と連続音で充電できていないことを教えてくれます。まぁブザーはいらないかな。


安くてオススメだったのですが、11/12時点で在庫切れになってしまっています。
あと、10000mAhと書いてありますが、中身は8000mAhだそうで。まぁ中国製は良くあることです。
17/11/20追記;在庫復活してます。購入後2週間使っていますが、めちゃくちゃ便利です。iPhone Xを1.5回分ぐらいしか充電できませんが(10000mAhは絶対、無い)、それを差し引いてもオススメです!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

改めてiPhoneとウォークマン(昔)の音を比べてみた [オーディオ]

私がiPhoneの音が悪い、と認識し始めたのは、7年前。iPhone4の時です。

2010年10月のブログエントリ→SONY ウォークマン NW-A845 ゲット
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2010-10-19

これをきっかけにして、しばらくの間、音楽を聴くのはウォークマン、という時期が続きました。(再度iPhoneに戻ったのがいつかは良く覚えていません…)
上のブログにも書いて有るとおり、当時のiPhoneは明らかに音が悪く、素人の私が、すぐに、はっきりわかるほどでした。

それから7年、iPhoneは、4からX(テン)になり、ウォークマンとの音の差がどうなったのか?を確かめてみました。
たまたま押し入れの中を整理していたら、2010年に発売されたNW-S754というウォークマンが出てきました。当時奥さんが使っていたものです。

NW-S754
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-S754_VI/

数年眠っていたので当然ながら完全放電してしまっていますが、充電してUSBでPCと接続するとドライブとフォルダがポップアップ。フォルダに音楽ファイル(AAC)を突っ込むだけで普通に再生することができました。当時のウォークマンは音楽ファイルの転送がiPhoneよりも楽ですよーって宣伝していましたよね。

DSC03977_LR.jpg

ゼンハイザーの密閉型ヘッドホン HD598CS で何度も、何度も比較してみましたが、どちらも全く同じで、どちらも良い音でした。iPhoneはLightningヘッドフォンアダプタ経由です。

結論:iPhoneの音はやっぱり良くなってた。

厳密に比較すれば、どうなのかはわかりませんが、少なくとも私は「iPhoneの音は悪い」という先入観は捨てようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog