So-net無料ブログ作成

MacBook 12インチを売ってSurface Pro (2017) ゲット 後半 [Mac]

前半から続く

買取カウンターに行くと、Surface Pro乗り換えキャンペーンを適用するためにはまずはSurface Proを買ってきてください、と。はい、その通りでございます。

スペック選択で少し悩みましたが、Win10 Proを動かすのに、さすがにローエンドモデルの4GB RAMはないな、ということで、ミドルクラスのCore i5/256GB/8GB を選択。約158000円。高い。
でも、MacBook 12インチのローエンド(Core m3)モデルとほぼ同じ価格だと思うと、CPUがCore i5で相当高速な分、Surface Proが安い気にもなってきます。(Surface Proはキーボード別売りですが)

Microsoft販促のお姉さんに少し安くなりませんかね、というと、約3000円負けてくれました。買取価格でソフマップとの差、3000円を取り戻しました。
ただ店側?との交渉に相当難儀したようで、たかが3000円のために30分待たされました。その30分の間に周りでSurface Proが何台か売れていましたが、誰も値引き交渉してませんでしたね。。。みんな満額払ってさっさと帰っていきました。私は無駄とわかっていても絶対一度は値引き交渉するのですが、もうやめようかな。。まぁ駆け引きが結構楽しいのですがね。

新しいキーボードは7月7日(金)に発売になるそうで、コバルトブルーをとりあえず予約しておきました。リスト部分にアルカンターラ使ってるんだって。約20000円。やっぱり高い。
絵は描かないので、ペンは買わないと思います。じゃあなぜSurface Pro買った?

Surface Proを手に持って買取カウンターに行くと、店員さんが変わってました。
「先ほどMacBook を査定してもらった者ですが、Surface 買ってきました」というと「あれ、増額キャンペーンはこないだの日曜日に終わってるはずですが。このようなチケットもらってないですよね?」
はぁ??
確かにSurfaceの代金を払ったときに何も言われなかったし、何もくれなかったけど。

Surface Pro 乗り換えキャンペーン 最大 10,000 円下取り金額増額 - Microsoft atLife
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/surface-trade-in/
(6月30日(金)を過ぎたら、↑のページは無くなってしまうかもしれません)

↑このページを見せて「ほら、本家Microsoftが言ってるでしょ?」と。
で、ここからまた、ずっとどこかに電話しつづけて約30分待たされます。
結果的に無事+10000円のキャンペーンが適用されましたが、店員さんの今回は特別ですよ?感が半端ない。いやいや、6月30日(金)までって書いてあるじゃん。

無事に売却金82000円を手にして帰りましたが、前回MacBook Pro 15インチをソフマップに売った時の気持ちよさはみじんも感じません。電化製品を買うときはヨドバシ専門の私ですが、ヨドバシでは売却はしない、と心に決めたのでした。

さて、MacBook 12インチ売却に翻弄されてしまった本日ですが、メインイベントはあくまでもSurface Pro購入です。しかし、しっかりと触れるのは早くても週末だと思います。レビュー記事もできればエントリしたいですが、あまり期待しないでください。

MacBook 12インチを売ってSurface Pro (2017) ゲット 前半 [Mac]

少し前のブログエントリ「近況報告」 で、「ブログ更新はおぼつかない状況」と書きましたが、せっかくの休みですし自分の時間も少し出来ましたので、今までの鬱憤も晴らすべく、エントリーさせてください。

2017年1月22日にゲットしたMacBook 12インチですが(ブログエントリ「MacBook 12インチ (Early2016) ゲット」 )、確かに良く出来たMacではあるのですが、あまり利用頻度が増えないまま(平日、遅く帰ってきてMacを開くこと自体滅多にないのですが)、6月初旬のWWDCで2017年モデルが発表されてしまいました。私が認識しているMacBook 12インチの唯一の欠点である「キーボードの打ち心地」を改善してきたので、まぁ買っておくかな、と予約しようと思ったら、為替変動分が乗せられてしまい一番下のモデルも15万円オーバー。為替変動は想定していたとはいえ(上のブログエントリの中でも書いています)、単にキーボード打ち心地向上のためだけに買い換えるのはなぁ、、ということでいったんペンディングにしてありました。

少し時間が経って6月中旬。ふと自分のTwitterタイムラインで Youtuber 瀬戸弘司さんのつぶやきと動画を見て、自分も引きづられてしまいました。Surface Pro 面白そう、と。






もう一つ、背中を押したのが、6月30日(金)までのこのキャンペーン

Surface Pro 乗り換えキャンペーン 最大 10,000 円下取り金額増額 - Microsoft atLife
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/surface-trade-in/
(6月30日(金)を過ぎたら、↑のページは無くなってしまうかもしれません)

Macの現金買取価格に10000円増額してくれるそうで、前回、MacBook Pro 15インチをソフマップに売却したことで(http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2016-11-13 参照)、手間暇かけてヤフオクで売るのではなくサクッと店舗に買い取ってもらうことに味を占めていますので、今回このSurface Proの波に乗ってみることにしました。

早速ソフマップの買取ページで検索してみると、現金買取上限額は75,000円。

170629_LR.jpg

これにSurface Proキャンペーンの10000円をプラスすると85,000円。この時点でのヤフオクでの落札額は中古品だと90,000〜95,000円なので、まぁ悪くないってことで、決定。

前回、MacBook Pro 15インチを売却した際も、ホームページで調べた金額の上限値であっさり買い取ってくれていますのでソフマップは鉄板なのですが、鉄板は面白くない。他も経験してみよう、ということで、試しにヨドバシカメラに持って行くことにしました。ヨドバシの買取価格がソフマップのそれに届かなかったら、ヨドバシやめてソフマップに持って行けばいいや、という軽い気持ちで。

ヨドバシカメラの買取上限値はホームページでは検索することできず、電話で調べてもらう必要があります。

ヨドバシ.com - 買取サービス
http://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/kaitori/
ヨドバシカメラ PC-DOCK コールセンター:0120-19-6060 (受付時間 10:00〜19:00)

早速、電話してMacBookの型番「MLH72J/A」とだけ伝えると、ものの30秒で教えてくれました。「最大75,000円です」ソフマップと同じだ。だったらヨドバシに買い取ってもらおう、と決心してヨドバシ店内の買取コーナーへ持って行くことにしました。

今回売却するMacBook 12インチですが、ブログエントリ「MacBookにwraplusのスキンシールを貼ってみた」 のようにスキンシールを貼っていましたし、液晶にも保護フィルム貼っているので傷は皆無。おまけに使用頻度も低いのでまさに新品同様です。買取価格満額を出す自信満々。

ヨドバシ店内の買取コーナーに持って行くと、その場でMacBookを箱から出してあれこれ確認を始めました。もちろん初期化済、せっかく電源を入れたら最初に「ようこそ」画面から始まる状態にしておいたのに、起動確認をするとかで勝手にユーザー名を登録してログインしてしまいました。この時点で「ヨドバシで売ると決めてないのになぁ」と心によぎりました。
ログインして確認するのが、Macに表示されるシリアル番号と箱に書かれているそれが合っているか?とか、iCloudが解除されているか?など。まぁiCloudは登録解除を忘れる人も多いのでしょうけど。もう何台Macを買って、売って、してきたと思ってるんだよ。。って店員さんはそんなこと知らないわな。

10分ほどで一通り作業を終えて「査定、意外と早いねぇ、さていくらだろう?」とわくわくしていると、

「詳細な機能確認をしてから査定しますので、本日中にはご連絡できると思います」

え?と聞き返してしまいました。今、まだ朝の10:30ですよ?本日中??冗談ですよね?

この時点でヨドバシはやめてソフマップに持って行きたい気持ちMaxなのですが、すでにログインされたりしてしまったりしているので、最悪、家に持って帰って再インストールが必要です。それだけで数時間のロス。もしかしたら今日は無理かも。

「とても夜までは待てない」「そう言われましても」「ホームページに1〜1.5時間と書いてある」「まぁそうですが…」押し問答
「出来るだけ早くしてください」「わかりました。では終わっても終わらなくても2時間後に一度電話します」「できれば終わらせてください」

〜ヨドバシ店内で時間をつぶす〜

測ったようにちょうど2時間後にTELがあり、「査定終わりました。買取金額は72,000円です」
微妙〜。ただ、ヨドバシを辞退するにしても、一度家に帰って再インストールする手間を考えると微妙〜!この2時間も無駄になるし。で、結局OKしました。

前半の結論:Macを売るならソフマップ、査定早いし、傷がなければ買取表示価格の満額。ヨドバシは最高買取価格の基準はソフマップと同じだけど新品前提。開封減額-3000円、が買取価格と考えるべし。

後半に続く。

近況報告 [雑記]

約5ヶ月ぶりのブログ更新となります。もし見ていただいている方がいらっしゃいましたら、お久しぶりです。

Twitterでは少し書きましたが、4月から管理職となりまして、組合に守られていない環境での仕事がスタートしたのですが、それはそれは激務で、、、とてもブログを更新している状況ではありませんでした。本日、4月以来、初めて平日に休暇をいただきましたので、こうやってブログを書く時間が少し確保できました。

私自身、自分の会社はホワイト企業だと思っておりますが、それはあくまで組合に守られている状況下での話。言い換えると、部下のホワイトを守るために私はブラックな働き方をするしかない状況、とも言えます。まぁ会社からは「倒れない程度にやれ」と言われていますので、ホワイトっていえばホワイトなのかもしれませんが。

こうやって書いてしまうと、うつ状態手前だと思われてしまうかも知れませんが、実は結構この状況を楽しんでいたりもします。根っからのエンジニアだと思ってサラリーマンとして20年働いてきましたが、マネジメントも相当奥が深くて、面白いです。

私も今年で45ですので、一般的に言えば遅い昇格です。会社の決定には文句が言えない立場ですので、おそらく今の部署のままで定年を迎えることはないでしょう。会社の鉄砲玉であることは重々承知しています。それでも、その時、その時の状況を楽しむ心の余裕と、死んでも楽しんでやる、という気概で突き進むつもりです。

ということで、今後もブログの更新はおぼつかない状況が続くと思いますが、年に1,2回でものぞいていただければ幸いです。