So-net無料ブログ作成

[日産リーフ] ステアリング交換 + ステアリングスイッチ自作 [クルマ]

シートを BRIDE STRADIA II SPORT に交換し、希望のポジションを手に入れたら、次に気になるのがステアリングの遠さ。リーフはテレスコ機構がついていないため、ステアリングを前方に出すことができません。(たとえテレスコがついていたとしても、希望する位置までは動かないのですが…)
そこで、ステアリングを交換しボススペーサーを使うことで、ステアリングを出来るだけ前に出そうと考えました。

ステアリングボスはワークスベル製のニッサン633型、ボススペーサ30mmを購入して、約15,000円。あぁ、小遣いが飛んでいく、、

まずは純正ステアリングを取り外します。何度も実施している作業なので慣れていますが、エアバッグを取り外す際はバッテリマイナスターミナルを取り外し、万全を期します。
エアバッグはトルクスねじ2本、さらにねじロック材でがっちり止まっていますので、外すのに一苦労。トルクスレンチは星形の溝の真ん中にへこみがある専用のタイプが必要なので、「エアバッグ取り外し用」として売っている物を購入する必要があります。

DSC01477_LR.jpg
エアバッグを動かすと、3つのコネクタがあります。エアバッグ用、ステアリングスイッチ用、そしてステアリングヒータ用です。ステアリングを交換すると、これらすべての機能がすべて失われます。それがいやな人はステアリング交換はしない方が良いです。

DSC01478_LR.jpg
コネクタをすべて外します。

ここで一つのアイデアを実行します。ステアリングスイッチの自作です。特にリーフにおいて、ECOモードスイッチとオートクルーズ機能は絶対必要。であれば使えるようにしようじゃないか、と考えたのです。

DSC01480_LR.jpg
配線図集にはステアリングスイッチ内部の回路が載っていますが、それぞれの抵抗値がわからないので、取り外したステアリングスイッチの抵抗値を、各ボタンをポチポチ押しながらテスターで実測します。

DSC01481_LR.jpg
実測した抵抗値を元に、スイッチ回路を自作します。

DSC01482_LR.jpg
1時間ほどで完成。スイッチや抵抗、基板はすべてストック品を使いました。(大概の電子部品はストックがあるので、買いに行かなくて良いのです。)
抵抗でそのものずばりの値がないものは、誤差10%以内であれば目をつぶって、それ以上の場合は2つの抵抗を組み合わせました。

DSC01483_LR.jpg
大した回路ではありませんが、できるだけスズメッキ線のフォーミングだけでパターンを形成しました。

DSC01484_LR.jpg
ここで純正のステアリングを取り外します。19mmナットです。スピンナハンドルですんなり外れました。(実はステアリングナットは高トルクで止まってないです)

DSC01486_LR.jpg
自作したステアリングスイッチを接続します。

DSC01487_LR.jpg
自作したステアリングスイッチはタイラップで仮止め。理由はこのMOMOのステアリングホイールがすでにボロボロなので交換予定であることと、ステアリングスイッチをLED内蔵品で作り直す予定があるから、です。夜になるとボタンの位置が見えないので

DSC01488_LR.jpg
ステアリングスイッチケーブルは、ステアリングボスの脇にドリルで穴を開けて通しました。

DSC01489_LR.jpg
ボススペーサは30mm。ただ、これでも少し足りない感じです。

ステアリングの直径は37.5cm→35cmになったのと、エアバッグがなくなって軽くなったことで、ステアリング操作のダイレクト感が良い感じです。運転が楽しくなります。
ポジションは30mmスペーサで良くなりましたが、あと20mmぐらい前に出してもいいかも。ただウインカーレバーが遠くなるのでやめておいた方がいいか。

あ、もちろん、自作したステアリングスイッチは完璧に動作しております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] BRIDE STRADIA II SPORT にシートヒータ埋め込み [クルマ]

シートを BRIDE STRADIA II SPORT に交換し、アイポイントもガッツリ下がって満足しているのですが、唯一残念なのがシートヒータがなくなってしまったこと。私自身、シートヒータの恩恵を受けたのはリーフが初めてなのですが、思った以上に体がポカポカして気持ちが良いので STRADIA II SPORT 交換後もなんとか使い続けたいと考えていました。
純正シートをバラしてヒータを摘出することも考えましたが、純正シートをバラすとリーフを手放す際に困るのでできません。調べてみると、汎用のシートヒータ単品を販売しているショップを発見。早速、オンラインショップで購入しました。

DSC01458_LR.jpg
キャストレード 車載用 汎用後付型シートヒーターキット CSH-U100 という製品です。
http://www.castrade.co.jp/product/caracc_csh-u100.html
ヤフオクに出品されているのも、このメーカの製品です。後付けのシートヒータは、この1製品しか見つけられませんでした。

DSC01463_LR.jpg
純正シートヒータのスイッチをそのまま使えるかどうか、配線図集で確認。使えそうなのでコネクタを取り付け。

DSC01465_LR.jpg
試しにリーフに取り付けてみたところ、Low/High共に所定の電圧が印可されることを確認しました。Lowは2枚のヒータそれぞれに半分ずつの電圧(6~7V)が印可され、Highはヒータそれぞれに13Vが印可されます。

動作の確認ができたので、早速、STRADIA II SPORT へ埋め込み開始。
STRADIA II SPORT は、座面と背もたれ部分のクッションがマジックテープで固定されており取り外しが簡単ですので、シート本体を下ろさずに作業することができました。

DSC01459_LR.jpg
背もたれのクッションですが、中身のスポンジが接着剤でベッタリ固定されてしまっており、剥がすのに難儀しました。

DSC01460_LR.jpg
結局、中身のスポンジは粉砕。スポンジを買いにホームセンターに行く羽目になりました。

DSC01461_LR.jpg
座面のスポンジはなんとか形状を保ったまま摘出できたので、流用します。

DSC01466_LR.jpg
座面のスポンジの大きさに合わせて、ヒータをはさみでチョキチョキ。

DSC01467_LR.jpg
座面のスポンジに両面テープで貼り付けて、クッションの中に納めます。

DSC01469_LR.jpg
スポンジが粉砕した背もたれ部分は、ホームセンターで買ってきたスポンジを組み合わせて形を整えました。
上下でスポンジの堅さを変えてみました。腰が当たる部分は高反発の堅めのスポンジにしてみました。(効果があるかは不明。。)

DSC01470_LR.jpg
背もたれ部分のスポンジにシートヒータを貼り付け。

DSC01471_LR.jpg
ぴったり収まりました。

DSC01472_LR.jpg
リクライニングシートなので、ヒンジ部分の隙間からハーネスを引っ張り出すことができました。

DSC01474_LR.jpg
コネクタとハーネスを、シートレールのステーにタイラップで固定。シート前後移動、リクライニング前後で、ハーネスが引っ張られないことを確認して完了です。
なお、コネクタ部分だけを固定すると、シートの前後移動などによってコネクタ根元で断線するため、必ずハーネスも固定しなければなりません。

DSC01475_LR.jpg
見た目は何も変わらないように見えますが、クッション部分が若干厚みが増しています。背もたれ部分のスポンジの堅さを変えたので、ランバーサポートが強めになった感じはしますが効果は不明です。

早朝の寒い時間帯に試乗してみましたが、性能は純正シートヒータと遜色ありません。LowとHighの温度調整もほぼ同じ感覚です。
シートヒータとスポンジで1万円弱の出費でしたが、大満足です!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog