So-net無料ブログ作成
検索選択

[日産リーフ] BRIDE製シート 取り付け [クルマ]

リーフに乗り始めて以来ずっと感じていた「腰高感」をなんとかしたかったので、シートを交換することにしました。

クルマのシートは、座り心地だけを考えれば、フルバケが一番だと思っています。私が以前使っていたレカロのフルバケ(SP-GやRS-G)は、何時間座り続けても問題無いくらい、快適な座り心地でした。多少の腰痛もいつのまにか治ります。
リーフのシートを交換するにあたり、過去の経験から「レカロRS-G」が頭をよぎりましたが、リーフは急速充電中に車内で待つ、という機会が多いので、リクライニング機構は必要と考えました。
しかし、レカロのリクライニングシート(SR系など)はあまりアイポイントが下がらないというみんから情報があったので、そこそこアイポイントが下がる、と噂の、BRIDEリクライニング LOW MAXシリーズSTRADIA II SPORT」にしてみました。ずっとレカロ一筋だった私ですが、今回初のBRIDEシートです。

DSC01388_LR.jpg
通販で購入しましたが、予想通り、ドでかい箱で届きました。「JAPAN」の文字がBRIDEの心意気を感じます。

DSC01397_LR.jpg
BRIDEシートレール(ROタイプ)と組み合わせると、シート底面ぎりぎり限界まで下がっていることがわかります。

シート交換開始。

DSC01389_LR.jpg
純正シートを取り外します。通常のソケットだとなめやすいのでトルクスを使った方が良いと思います。

DSC01392_LR.jpg
純正シート底面のコネクタとハーネス固定クリップなどを外します。
小さいコネクタはシートベルトリマインダ用、大きいコネクタはシートヒータ用です。

DSC01393_LR.jpg
純正シートが外れたら、良い機会なので掃除をしましょう。。

DSC01395_LR.jpg
純正シートからシートベルトバックルを取り外して、BRIDEシートレールに移植します。

DSC01396_LR.jpg

DSC01398_LR.jpg
取り付け完了。

DSC01399_LR.jpg
シート左右のクリアランスは問題ありません。

アイポイントの比較です。シートに深く、しっかり座った状態での天井とのクリアランス。

DSC01391_LR.jpg
純正シートは、約10cm。

DSC01400_LR.jpg
BRIDE STRADIA II SPORTは、約17cm。思ったよりも下がりました。

このブログでも12年前や、7年前に言っているように、どんなクルマでもシートを換えれば、運転が一気に楽しくなります。リーフもしかり。

BRIDEシートを購入したのは今回が初めてですが、座り心地はレカロのフルバケの方が上かな、と思います。一回座ってもシックリこなくて座り直す、ということが多いです。また、深めに座るとランバーサポートが不足しているため腰痛が悪化しそうなので、浅めに座って腰に負担がかからないポジションを見つけるのに、1週間ほどかかりました。(その間、何度レカロに買い直そうかと思ったことか)ただし、ベストポジションだとステアリングが遠くなりすぎるので、今度はステアリング交換を画策しています。

どうしてもレカロと比較しがちな私ですが、STRADIA II SPORTはリクライニングシートであるにも関わらず、ホールド感はフルバケ並。座る、というよりもすっぽりと収まる、という、ほぼフルバケに近いホールド感なので、これはレカロのリクライニングシート(SR系)にはない強みだと思います。
今のところ長時間の運転での腰痛も出ていないですし、アイポイントも気持ちよく下がったので、シート交換して良かったです。

シート交換によって失ったシートヒータですが、これからの冬到来に向けSTRADIA II SPORTへのシートヒータ埋め込みを計画中。。(なんか、リーフに乗り始めてから、クルマ改造熱が再燃してるな。。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ]ニスモ スポーツサスペンション インプレ [クルマ]

DIYで取り付けたニスモ スポーツサスペンションについてインプレしようと思います。
まず、変更前後でどのくらいスタイリングが変わったのか?

DSC01353_LR.jpg
交換前。

DSC01378_LR.jpg
交換後。
クルマの向きが逆だと気がついたのは、夜、画像をアップロードする時です。。

たった30mmダウンですから落ちたなー、というよりは、これでやっと普通のクルマになったな、というレベル。交換前後で比較すれば落ちたことはわかりますが、比較しなければ落ちたと気付かれない。家族に秘密で改造するには丁度良いかもしれません。

見た目も変わらなければ、乗り心地もほとんど変わりません。段差を越えてもゴツゴツしませんし、ピョンピョン跳ねることもありません。でも段差を越えた時の収まりは、確かに良くなっています。
試しにまっすぐ走っている時にステアリングを左右に揺らすと、切り角に対して車体がリニアに応答します。リーフは低重心なのでノーマルでも比較的ステアリングに対して正直に応答していたのですが、大幅に改善されました。
またタイヤの鳴き始めの限界がより高くなり、タイヤの性能を引き出せてるな、と感じます。逆に今度はタイヤのゆがみによる応答遅れが顕著に感じるようになってしまったので、現在の55偏平タイヤから45偏平タイヤを履くために18インチへアップと、アライメント修正を計画中です。

まとめると、ニスモ スポーツサスペンションは、ノーマルの乗り心地をキープしたまま、低重心なリーフの運動性能をより引き出すことのできるサスペンションだと思います。この絶妙な味付けは同じ日産グループのニスモだからこそ出せているのではないかと思います。

最後に、今回DIYで取り付けましたが、ディーラーに依頼すると工賃は約4万円だそうです。サスキット+工賃で13,4万円と考えると、決して安くないチューニングではありますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog