So-net無料ブログ作成
検索選択

[マウス]Logicool MX MASTER MX2000 ゲット [PC]

当方マウスはずっとLogicool派で、2006年からは一世を風靡したMX Revolution(MX-R)のユーザーでもありました。

MX Revolution ゲット
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2006-10-09

MX-Rのウィークポイントのでかいレシーバー問題を改善すべく、2008年にはMX-RのBluetoothバージョンをゲット。ただしこれは単品発売はなく、Bluetoothキーボードとのセットで購入。

MX-5500 ゲット
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2008-05-14

2008年以降、レシーバー不要のBluetoothマウスに目覚め始め、いろいろ買っていく中で、つまみ持ちできる小さいマウスの操作性の良さが好きになり、2009年、M555bがメインマウスに昇格。

Logicool M555b レビュー (vs MX Revolution)
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2009-08-06

それ以来、6年間ずっとM555bを使い続けてきましたが、Logicoolマウスの定番不具合でもある左クリックボタンのチャタリングの洗礼を受けることになりました。すでにM555bは廃番で、後継M557が販売されていますが、M557には私が愛してやまない「高速スクロールモード」ホイールが無いため、M557は却下。
仕方なくM555bの上玉をヤフオクで発掘しようか、と思っていた矢先に、MX-R直系の後継機種と明言されているMX MASTER MX2000が発売されていることを知り、思わず買ってしまったというわけです。

DSC00877_LR.jpg
MX-RからM555bへの移行の理由が、マウスをつまみ持ちしたい(別の言い方をすれば、MX-Rは大きすぎる)であり、その後6年間もM555bを何の不満も無く使ってきているわけですから、どうしてもこのサイズに慣れなければ即ヤフオク行きだな、という気持ちで使い始めたわけですが

DSC00878_LR.jpg
使い始めて最初の数時間は、やはりこの大きさに違和感ありまくり。ひじまで痛くなってきて、こりゃダメだ、ヤフオク行きだ。と諦めかけて、一か八かつまみ持ちしてみたら。。このマウス、つまみ持ちも出来るんでやんの

大きいマウス=つまみ持ちできない、という思い込みから、数時間、かぶせ持ちで使い続けて、結果ひじを痛めたのですが、MX MASTERはつまみ持ちができるのです。
その理由が、左右ボタンがアイランド形状のおかげ。つまりボタンが分離されているから、ボタンのすみを押しても違和感なくクリック出来てしまうのです。

DSC01034_LR.jpg
つまみ持ち。左右ボタンがアイランド形状のため、指がこの位置でも軽々クリック出来るのです。

DSC01033_LR.jpg
かぶせ持ち。私はこの持ち方をするとひじがぶっ壊れます。

DSC01035_LR.jpg
つまみとかぶせの中間。このくらいで使わないと、親指の位置のサムホイールが届きません。かぶせ持ちまで行かなくても、このくらいまで深く持てるようになると、使い勝手が向上しそう。

つまみ持ちを開始すると、すぐにひじの痛みも解消し、やっぱりマウスは多機能、多ボタンに限るな!などと、6年使い続けてきたM555bの歴史を無かったことにしてしまいかねない独り言まで出る始末。でも、正直、久しぶりの多機能マウスは楽しい。ボタンの割り当てに小一時間悩むなんてのも久しぶりだから楽しい。

DSC00880_LR.jpg
便利なのが、ペアリング切り替え機能。1をUnifyingレシーバーとペアリングしてあるWindows PC、2をBluetoothペアリングしてあるMacBook Pro、という使い方ができます。いちいちペアリングし直す必要が無いことがこんなに楽ちんだったなんて。

あとは、6年前の安物マウスと比較するのも馬鹿げていますが、センサー性能は何段階も向上してます。上記写真のような白の光沢テープルではM555bの場合A4裏紙なんかをマウスパッド代わりにしないと使い物にならなかったのですが、MX MASTERでは何の問題もなし。

この惚れ込み具合は、ヤバいな。自宅用と会社用で2台買うパターンだ。当時MX-Rも2台買ってますし。

Logicool SetPoint 不安定
http://digigen.blog.so-net.ne.jp/2006-10-11

最後に要改善ポイントは、アプリ毎のボタン機能割り当ての変更、です。特にサムホイールは超便利なので、アプリ毎に機能の割り当てを変えたい。たとえばExcelの場合は横スクロールだけど、ブラウザであればタブの移動に使いたい、とか。Setpointは出来たのにLogicool Optionsでは何故出来ない?きっとすぐ出来るようになると思いますが、、期待してますよ、Logicoolさん。

つまみ持ち専用のMX1500も発売されていますが、機能を考えると高すぎる、かな。MX1500にサムホイールをねじ込んでこの価格だったらMX2000とどちらにするか悩んだかも。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[Apple Watch]ヨドバシはその場で開封チェックさせられる [腕時計]

今回、ステンレスApple Watchへ買い替えたわけですが、在庫も潤沢になったということでヨドバシカメラで購入しました。ヨドバシでのApple Watchのポイント還元率は3%。つまり、ポイントを充当するのに非常に効率が良いということになります。
私はリアル店舗、ネット通販含め、今やヨドバシが無くては生きていけないほどヨドバシに依存しておりますが、そんな中でも絶対的なルールがあります。

10%ポイント還元商品は、ポイント貯め
ポイントの充当先はApple製品Only

Apple製品でもMacBookやiPhoneはポイント5%、iPadは1%なので、もしiPadをヨドバシで買う場合はポイント充当効率が最強なのですが、今回Apple Watchが3%だと聞いて、溜まってるポイント充当できるな、と考えたということも、今回Apple Watch Sportアルミからステンレスに買い替えた理由の片隅にあったりします。

DSC00838_LR.jpg
今回、Apple Watchをヨドバシで買ってみたら、その場で開封してキズをチェックしてくれ、と。きっとクレームが多いんでしょうね。私としては自宅でニヤニヤしながら箱を開封するという楽しみ方ができなくなって残念なのですが、万が一キズがあった場合はニヤニヤも一瞬で消え失せるわけですから結果的にはありがたいシステムかもな、と納得しながら、その場でそそくさと開封。

普通の人は形式的にチェックしたように見せて「はい、OKです」なんて言っちゃうのでしょうが、時計好きの私としては「新品にキズがある時計なんて愛せるわけない!」という偏った思想を持っているので、ちゃんとチェックさせていただきますよ。
どうせ使えばキズが付くんだから、初期のキズがあっても無くても同じ?いいや、自分が付けたキズか、誰かにつけられたキズか、は重要でしょう。。。もはや時計のことなのか女性のことなのかわからなくなってきそうなのでこの辺でやめておきます。

で、ニヤニヤを押し殺し、涼しい顔で開封。
「え?!ケースサイドに長さ1mmほどのキズがあるんだけど」(心の声)

横で見ている女性店員に言うべきか否か。店員の女性に「なに細かいこと気にしてんだよ、交換する手間考えたことあんのかよ」とか思われたらどうしよう、急に小心者になる自分。
恐る恐る「あのー、すみませんけど」と、控えめな小声で店員に伝えると、「確かにキズがありますね、交換できるか上の者に相談してきます」と。その上の人も「確かにキズがあるので交換させていただきます」とアッサリ。

まさかステンレスApple Watchの箱を2回も開封できるとは思ってなかった。でももはや気持ちはニヤニヤではなく、ヒヤヒヤ。次にキズを見つけても、もう言えない。キズあるなよ!と念じながら開封して、キズがなかったときは心の中でガッツポーズですよ。店員に「またキズがあるんだけど」と言わずに済んだことに対して。

女性店員が「やっぱりキズは気になりますよね、良かったですね」と、フォローなのかイヤミなのかわからない声を掛けられて逃げるように帰りましたとさ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[Apple Watch]専用スタンド購入 [腕時計]

前エントリの通り、アルミApple Watch SportからステンレスApple Watchに買い換えたのですが、今までのようにテーブル直置きで充電すると、ステンレスケースのサイドにキズを付けてしまいかねない。腐食してしまうアルミは時計としては失格ですが、キズの付きにくさで言えば、なかなか優秀だったと思います。

そこで、Apple Watch専用の充電スタンドを買ってみました。Spigen製のS330です。

ちょっと高いな、と思ったのですが、ユーザーレビューにも肯定的なコメントが多かったので、買ってみました。

DSC00891_LR.jpg
iMacのスタンドのパクリ、ですよね?笑

DSC00892_LR.jpg
パクッたとしても、質感が高いので許します。剛性も高いです。

DSC00893_LR.jpg
Apple Watchは充電マグネットの力で保持されています。重いリンクブレスレットにしても、この位置で保持できるのかどうかはわかりません。

やっぱり高いですけど、それなりにしっかりした作りなので、ボッタクリということにはならないかと思います。なお、ヨドバシのApple Watchアクセサリ売り場でも売っていますが定価販売なので、買うならAmazonで買いましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[Apple Watch]アルミ→ステンレスに買い替え [腕時計]

題名のとおり。アルミケースのApple Watch Sportブラックは、発売日当日にゲットしていました。
DSC00831_LR.jpg

理由は2つ。

1つ目の理由は致命的。

DSC00839_LR.jpg
週末のお出かけの時にしか使わない程度の使用頻度で、腐食が発生しました。写真をクリックして拡大表示でご確認ください。円形の脈拍センサ周辺の刻印に、一見よごれのようにも見える腐食。
Apple Watch発売当初、腕時計にアルミ?耐久性は大丈夫かな、という懸念が多く聞かれましたが、その通りになってしまいました。

DSC00832_LR.jpg
ボタン周りにも腐食の跡が。

もう一つの理由が、腕時計としての質感。

DSC00835_LR.jpg

それなりに腕時計が好きで、何本も(何十本も?)買ってきた者からすると、腕時計って朝、出かける時に付けたくなるかどうか、なんです。正直、アルミケースのApple Watchは、今日は付けていこうかな、という気に全くさせません。

DSC00837_LR.jpg

DSC00836_LR.jpg
ステンレス+ホワイトバンドの組み合わせもなかなかですが、のちのちリンクブレスレットも購入予定です。結局、私は時計は時計らしくないとダメみたいです。ただし、リンクブレスレットは税込み6万円弱。ちょっとした時計が買えちゃいます。。
ちなみに付け心地が良いと評判の、ステンレスワイヤーを編み込んだミネラーゼループは、私の趣味に合いませんでした。

DSC00840_LR.jpg
アルミとステンレスでは、充電マグネット部の作り、質感も違っていました。

最後に、腐食したApple Watchは、腐食有りと明記した上、無理を承知で35,000円の即決価格を設定して出品したところ、あっという間に落札されました。このリセールバリューの高さはさすがAppleだなと、改めて関心させられました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

グランドセイコー HISTORICAL COLLECTION 62GS 現代デザイン SBGA127 ゲット [腕時計]

グランドセイコー クオーツ デイデイト SBGT0371年半ほど使っていますが、基本的には気に入ってます。まったく腕時計をつけなかった私が、2011年に腕時計を買い始めて以来、買っては売ってを結構な回数繰り返してきていますが、その中でも一つの腕時計を1年半使い続けた、というのは、初めてのことかもしれません。

特にグランドセイコーに関して言えば、ずっと白色系の文字盤のモデルを買い続けてきましたが、白文字盤は最初に見たときの印象の良さと裏腹に、飽きが早い、ということをやっと学習しまして、今所有しているSBGT037は私のグランドセイコー購入歴の中では初めての黒色の文字盤でした。

ちなみに今まで購入したグランドセイコーは、
SBGE005 乳白色文字盤、スプリングドライブ GMT ステンレス 5連バンド 使用期間2ヶ月
SBGC001 乳白色文字盤、スプリングドライブ クロノグラフ ステンレス 5連バンド 使用期間6ヶ月
SBGX071 銀文字盤 クオーツ ステンレス 3連バンド 使用期間4ヶ月
SBGA099 白文字盤 スプリングドライブ ステンレス 3連バンド 使用期間2ヶ月
そしてSBGT037 黒文字盤 クオーツ ステンレス 5連バンド 使用期間1年半

計5本のグランドセイコーを使ってきて、私自身が再認識したこと

・白系の文字盤は飽きが早い
前述の通り、白色系の文字盤は、ショーケースの中の強い光の下で見ると映える。同じモデルの黒文字盤と並べて比較すると、その瞬間はどうしても白文字盤がよく見えてしまう。で、買ってしまう。でも使い続けていくうちになぜか飽きが早いんです。理由はわかりません、単なる好み、なんですかね。

・3連よりも5連バンドが好き
3連バンドはちょっと安っぽい。グランドセイコーは5連バンドに限る。ただし5連バンドは価格の高いモデル、またはマスターショップモデルに多く採用されており、安いモデルやカメラ屋モデル(マスターショップ以外のお店)はほとんどが3連バンドが採用されています。そんななか、安くてカメラ屋モデルのSBGT037にはなぜか5連バンドが採用されている、というのも、1年半前にSBGT037の購入を決めた理由の一つです。

・ステンレスのスプリングドライブモデルは重すぎる
ステンレスのスプリングドライブは、軒並み150gオーバー。でも、いろんな時計を使ってきてわかったのは、腕時計は150gを越えるとやっぱり重い。毎日付けるのがつらい。クオーツモデルであれば、130g前後なのでギリギリ。個人的には100g前後の時計が毎日付けても違和感がない重さのようです。

・やっぱりスプリングドライブへの思い入れは強い
世界唯一無二のムーブメントであるスプリングドライブへの思い入れはやはり強いです。クオーツモデルを使っていると、次はスプリングドライブがいいなぁ、と思うのです。グランドセイコー クオーツの、スッ、スッという針の動きも良いのですが、スプリングドライブには敵いません。

こうやって考えると、SBGT037は私の好みに合っていたんだなぁとわかりますし、1年半もの間、特に不満なく使い続けてこれた理由も明確です。

ここ最近はグランドセイコーのホームページなどをチェックすることなく平和に生活していたのですが、7月末、別件でヨドバシカメラに寄った際、ついでにセイコー アストロンの限定モデル「ジウジアーロ・デザイン SBXB037」を見てみようと立ち寄ったセイコー腕時計売場で、たまたま見つけてしまったのが、HISTORICAL COLLECTION 62GS 現代デザイン SBGA125/127です。

今までの私であれば、白文字盤のSBGA125が気になってしまうところでしょうが、今回はそうではなく、深い青色の文字盤、SBGA127に目を奪われてしまいました。こんな色の文字盤、見たことない。深い青は、群青色と言っても良いかもしれません。5連バンドでスプリングドライブですから、なかなか良さそう。その場で試着を申し出ました。
試着してみてビックリ。軽い!!あぁ、これブライトチタンなんだ。それもそのはず、53万円の値札、高いだけのことはある。お金があれば、その場で即決しても良いくらいのドンピシャモデルだったのですが、さすがに53万円を即決できる訳もなく、その日はカタログだけもらって退散。その日から金策に明け暮れる日々の始まりです。

そうこうしている間に、ヨドバシカメラのホームページで確認することができるSBGA127の在庫店が徐々に減少してきていることに気がつきました。ほんの数日前に試着した店舗のSBGA127もすでに誰かの手に渡ってしまったらしい。ヤバい。のんびりしていると買いたくても買えなくなる。タイムリミットはあと数日だなと考え、最後の金策を急ぎました。

数日後、SBGA127の在庫を持つ店舗は4店舗のみ。関東圏では千葉店だけ。これを逃すと大阪か仙台か、最悪札幌まで遠征しないといけなくなる。もちろん、店舗間の在庫の移動はできるそうですが、他店から在庫を引っ張った場合は絶対に購入しないといけないらしく、千葉店の在庫捕獲を失敗した場合は、現実的にその方法をとるしかなくなります。
なんとか金策の目処が付き、千葉店に在庫のキープができないかのお願いの電話をしたのですが、なぜかキープはできないとのこと。今日、今から100kmほど離れた場所からそちらに行こうと思ってるけどダメか?とお願いしてもダメ。お盆休み前の最後の平日である今日が山だ、と思ったので、業務を早々に切り上げリーフでヨドバシカメラ千葉店に向かいました。湾岸線、東関東道は順調に流れたのですが、千葉駅までの一般道が大渋滞。在庫の確保どころか営業時間内に間に合うのか、そしてリーフの充電が持つのか、という他のさまざまな問題が浮上しつつも、何とか千葉店にたどり着きました。

ダッシュで時計売場に行くと、まだありました。SBGA127。その日はSBGT037を付けていたので比較しつつ試着。この時点で、このSBGA127は自分が買うことになるだろうと確信していましたので、保護用のサランラップを取ってもらってキズの有無の確認。問題なかったので、決断しました。限定品なので無理とは思いつつ値下げ交渉したら1万円引いてくれました。リーフなんでガソリン代はかかりませんでしたが、千葉遠征のために要した行き帰りの高速代が浮きました。

店員さんに聞くと、セイコーからは白文字盤のSBGA125の方が売れるはずと聞いていたが、ふたを開ければSBGA127の引き合いがすごく強くてメーカーも意外だったということ。SBGA127はすでにメーカー在庫も尽きているそうなので、この在庫を逃したら本当に買えなくなるところでした。

DSC00894_LR.jpg
55周年記念の専用ボックス。

DSC00910_LR.jpg
写真ではなかなか伝わらない、文字盤の深い青色。

DSC00916_LR.jpg
HISTORICAL COLLECTION 「62GS」 現代デザインの特徴は、ベゼルレス、ボックスクリスタルガラス。風防が一段盛り上がっているのがわかると思います。

DSC00914_LR.jpg
ケースのサイドにもシャープなラインが施されています。昔のGSデザインを継承しているからといって決して古くさくなく、どちらかというと近代的なデザインに仕上がっています。
ボックスクリスタルガラス風防とケースサイドのシャープなラインのおかげで、ムーブメントの関係でどうしても厚くなってしまうスプリングドライブが、すごく薄く見えます。ケースの厚さは他のスプリングドライブモデルとほぼ同じ12.8mmですが、そうは見えない。

DSC00899_LR.jpg
ケース径は40mmなので、一般的にはでかい部類です。私は腕が太いのでちょうどよく見えますが。
普段は黒の文字盤に見えます。

DSC00901_LR.jpg
光の加減で、深い青色が浮かび上がります。

DSC00909_LR.jpg
シリアルは、No.11/700。ずいぶん最初の方の席次です。限定品かつシリアルNoが付くと、プレミア感がでますね。

毎回思っていることですが、私の中ではこのSBGA127が過去最強のグランドセイコーじゃないかと思います。何一つケチを付ける部分がありません。今度こそ何年も使っていければ良いなぁ。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog