So-net無料ブログ作成
検索選択

[日産リーフ] ナビ連動ETCへの載せ替え #2 [クルマ]

前回のエントリで、ナビ連動ETCユニットの入手するところまでお伝えしました。週明け4/27(月)からの高速料金1000円の申し込み開始に間に合わせるために、週末4/25〜26でETCユニット載せ替えを決行しました。リーフ納車した次の週で、このドタバタ。こういう作業は急げば急ぐほど、取り返しのつかない失敗するものですが、さて。

作業手順としては、すでに取り付けられているディーラーオプションETCユニットを残しつつ、今回入手したETCユニットの動作確認。問題なさそうであればETCユニットの載せ替え、となります。D-opのETCユニットを残す理由は、今回入手したETCユニットが動作しなかった場合の保険です。

D-opのETCユニットにアクセスするためには、リーフ内装をバリバリ剥がさないといけません。養生テープは切らしていたので、あらかじめAmazonで購入しておきました。このテープは糊が残らないのでオススメです。
DSC00368_LR.jpg
サイドパネルを剥がします。
DSC00369_LR.jpg
ドアのパッキンは手で外せます。
DSC00370_LR.jpg
次にドリンクホルダー部分を外します。
DSC00373_LR.jpg
パーキングブレーキペダル横のパネルも外します。
DSC00374_LR.jpg
エンジンフード用のワイヤーを外します。
DSC00371_LR.jpg
その横のトルクスネジをはずします。
DSC00372_LR.jpg
これでロアパネルが外れました。
DSC00375_LR.jpg
この手の作業は慣れているので、ここまでで10分。(もちろんサービスマニュアル見てますが)

大失敗。元々付いていたD-opのETCユニットの写真を撮るのを忘れていました。簡単に言うと、ナビ連動ビルトインETCユニットと同じ位置に装着されています。

D-op ETCユニットの配線を発見。なんとナビ連動ETCの設定の無い「X」グレードでも、ETCユニットを接続する8ピンコネクタは用意されているのです。だったら最初からナビ連動ETCユニットもオプション設定しとけよ>日産。D-op ETCユニットの電源は、その8ピンコネクタから分岐で取り出していました。ディーラ作業員もこの作業をしながら「?」のはず。メーカオプションETCコネクタに分岐でD-op ETCを接続するのですから。
DSC00376_LR.jpg
D-op ETC配線はそのままに、8ピンコネクタにETCユニットを接続してみます。
DSC00378_LR.jpg
カード挿入。ナビ画面を見ると。
DSC00380_LR.jpg
キターーー!「ETC」マークが表示されました。ユニット自体は動作しているようです。あとはETCゲートと通信できるかどうかですが、この先は一か八かのカケです。ETCセットアップをしてからでないと本当にゲートが開くかどうかはわからないからです。D-op ETCユニットとアンテナを取り外します。
DSC00381_LR_LR.jpg
取り外したあとのD-op ETCユニット。なんとブラケットも同形状だったので加工無しでそのままネジ止めもできました。これはタマタマです。
DSC00383_LR.jpg
ETCアンテナは一番アクセスが簡単なアッパーメータ付近に両面テープで固定。
DSC00386_LR.jpg
組み直して完了。
DSC00388_LR.jpg
組み直してから気になったのが、このロアパネルのETCユニットの穴。特に穴開け加工したようには見えなかったので、もともと空いていたようなのですが、「X」グレードが元々この穴が空いていてメクラされているのか、「G」グレードのパネルを手配しないといけないのかは、私にはわかりません。

作業自体は4/25土曜日の2時間ほどで完了。その日のうちにディーラ営業さんに電話でETC車載器管理番号を電話で知らせてセットアップの準備をしてもらっておいて、4/26日曜日にディーラに行って5分でセットアップ完了。ETCセットアップにも日産カード割引きを適用してくれたので、2300円弱でした。

帰りの道中で早速ETCゲートが開くかどうかの確認で、恐る恐るゲート進入。無事、ゲートは開きましたとさ。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[Apple Watch] Apple Watch Sport スペースグレイ 発売日ゲット [腕時計]

こちらのエントリで、予約していたApple Watchが発売日当日の朝8:30頃届きました。いつものクロネコAM便より早い時刻に届いたのは、Appleユーザーにクレーマーが多いから?

早速、週末に腕につけて外出してみましたが、装着感は悪くない、というより良い。軽いし、シリコンバンドの肌触りも自然で、装着数分後、アルミボディが体温となじんでくると、何も身に付けていないと感じるほどです。これは素直に褒めて良いと思います。(身に付けていると実感できる腕時計が好き、と言う人も多いですが)

Bluetoothウォッチ対決。
DSC00400_LR.jpg
全面カラー液晶画面ですから常時画面表示できないのは仕方ないとはいえ、腕を持ち上げた時だけ画面を表示するという仕組みも、思ったよりも悪くないと思いました。意識して腕を持ち上げて、文字板をこちらに向けると100発100中で画面がONします。画面がONせず、イライラするということは皆無で、この辺のさすがAppleだな、と感じます。

ただ、Apple Watchを使ってみて、腕時計って常に時刻を示しているから意味があるんだな、ということもわかりました。腕時計を見る、という明らかなアクション(腕をあげて文字板をこちらに向ける)をしなくても、無意識に時刻を確認していることに気付きました。
たとえば、バッグを左手に持ちながら、右手で袖を持ち上げて文字板をのぞき込む、とか。逆にあからさまな上記アクションをして時刻を確認するということの方が少ないかもしれません。Apple Watchの場合、腕時計アクションをせずに時刻を確認したい場合は、液晶画面をワンタップしないといけません。これも慣れてしまえば大きな問題では無いのかもしれませんが。

Apple Watchの時計以外の機能では、今の所、電話の着信、メールの着信、LINEの着信ぐらいしか使っていませんが、個人的にはCASIO Bluetooth時計の通知機能で十分だな、と感じました。
ポケットの中のiPhoneがバイブ振動しても気付かないことが多いですが、腕時計がバイブで振動すれば100%必ず気付きます。その確実性だけで私にとっては十分。気づきさえすれば、後はポケットからiPhoneを取り出すのですから。

バッテリの件は、他で語りつくされていて、あえてここで言うまでもありませんが、やはり腕時計の日常の充電管理はしんどいです。充電を管理するのは、スマホとリーフ(笑、だけで十分。現在、約4本の時計を目的に応じて使い分けていますが、バッテリ残量を気にしなければいけない腕時計は、このローテの仲間には入りづらいです。

質感はさすがApple。ネットの評判を見ても、アルミモデルであればスペースグレイで間違いなかったようです。ただこの写真位置からみると、なんかボテッとして野暮ったいデザインですね。。
DSC00401_LR.jpg
結論として、平日の左腕は今までと同様に、通常の腕時計が鎮座することになりそうです。試しに左手に通常の腕時計、右手にApple Watchを付けてみたら、やっぱりサッカーの本田になっちゃいます。(違和感が半端ない、、)活動量計のような細いブレスレットタイプであれば両腕装着も違和感ないのですがね、、、Apple Watchは休日専用です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] ナビ連動ETCへの載せ替え #1 [クルマ]

私のリーフは日産80周年記念特別車ですが、ベースは「X」グレードで、それにLEDヘッドライトやバックビューカメラが標準装備されています。装備についての不満はアルミホイールが標準じゃない、という部分くらいで、その他は概ね満足していたのですが、納車2日目、とんでもない事実に気付いてしまいました。

「ETCがナビ連動じゃない!なんてこった!」

XグレードはEV専用のメーカオプションナビが標準なので「オプションでETCを付けて」とお願いすれば、自動的にナビ連動ETCユニットが付いてくると思い込んでいました。

http://ev.nissan.co.jp/LEAF/OPTION/dop.html#anc03 の少し下にディーラーオプションのETCユニットが掲載されていますが、ここにもはっきりと
「注2)ナビゲーションとの連動はいたしません。 音声ガイドのみとなります。」
と記載されています。
1年前に購入したセレナでも、メーカオプションのナビにディーラーオプションのETCを付けたら、特に何も指定せずともナビ連動ETCユニットが付いてきたので、それが当然と疑わなかったのです。コスト削減のあおりなのかどうかは知りませんが、リーフでナビ連動ETCを使えるのは上位グレードの「G」だけ、ということになります。

もちろん、ディーラオプションETCであっても、ETCそのものの機能は全く問題ないのですが、ナビ連動しないと不便も多いのです。
・キーオンのたびに、車両スピーカとは別の場所から音声ガイドが聞こえてきてうざい。一体感がない。
・ETCカードがセットしてあるかどうかがナビ画面で確認できない。
・ETC支払いの過去履歴、合計金額が画面で確認できない。

大したこと無いと思われるかもしれませんが、セレナで普通に出来ていることがリーフでは出来ない、ということがどうしても許せなくて、このままでは夜も寝れなくなりそうです。

リーフ ナビ連動 ETC」で検索してみると、やはり私と同じ悩みを抱えた人が多く、中にはナビ連動ETCに載せ替えた人もいることを知って、自分も載せ替えを決意しました。
普通であれば、まずはETCユニットをヤフオクかどこかで探して、その次の週末にでも載せ替えて、次の週にETCセットアップしにいく、という1ヶ月コースの作業なのですが、今回はそんなにのんびりしていられない理由があります。

電気自動車の高速道路利用実態調査」の名目で、電気自動車での高速道路通行料が上限1000円になる申し込みが4月27日(月)にスタートしてしまうのです。先着40,000台ですのですぐにいっぱいになってしまうことはないとは思うのですが、4月中に申し込んでおかないと5月から上限1000円の恩恵を受けられなくなる可能性があります。つまり4/27までにETCセットアップまでを完了させておかなくてはならず、そのためには4/25,26の週末2日間が勝負、というわけです。

まずは、ナビ連動可能なETCユニットの入手です。ヤフオクで「日産 純正 ETC ビルトイン」で検索して、概ね2004年以降の日産車についていたETCユニットなら大丈夫です。形式で言うと「EPN02」か「EPN03」ならOK。あまり数は多くないですが、私は少し古いウイングロードに搭載されていた形式EPN02のETCユニットを3500円で落札しました。(もちろん、入札は私だけです)

数日後、届いたETCユニットがこちら。なんとか週末に間に合いました。
DSC00363_LR.jpg
DSC00364_LR.jpg
DSC00365_LR.jpg
比較的きれいです。外見はどうあれ、動くかどうかが一番重要。動けば多少汚くてもOKです。ポイントは白い8ピンコネクタ。このコネクタ形状でないと、日産純正ナビと連動できません。なお、黄色いコネクタは使いません。(EPN03以降はこの黄色コネクタはなくなっているようです)

取り付けは次のエントリで。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] スマートフォン用ホルダー [クルマ]

前回のブログエントリで紹介したLeaf Spy用に専用のスマートフォンを用意したので、それをどこに固定するか。また、普段メインで使っている iPhone6 をどこに固定するか。いろいろ考えた結果、こんな感じになりました。
DSC00391_LR_LR.jpg
Leaf Spy用のスマホはエアコンの吹き出し口の部分。どうしてもエアコンを使いたい時はスマホを取り外します。iPhone6 はドリンクホルダーの1つを使用して固定しました。

スマホホルダーはビートソニック製を組み合わせて使用しています。ちょっと価格が高めですが、ホルダーの取り付け形状が共通で使い回せるので便利です。エクストレイルに乗っている頃から愛用しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] Leaf Spy 導入 [クルマ]

リーフを買ったら導入してみたいと思っていた物の一つに「Leaf Spy」があります。Leaf Spyとはググっていただければ早いですが、簡単にいうとリーフに搭載されているリチウムイオンバッテリーの状態をモニタすることができるツールです。

必要な物は、一般的にELM327アダプターと言われている、リーフの診断コネクタに接続して、情報をBluetoothで飛ばすための部品と、その情報を解析して表示するためのLeaf Spy Androidアプリです。
DSC00324_LR.jpg

アダプターはAmazonで「ELM327」と検索するとたくさん表示されるので、その中のどれかを買えばいいのですが、注意点が二つ。

1. ELM327チップにはバージョンがあって、V1.5とかV2.1とかあるようですが、Leaf Spyで使うには古いV1.5の物が適しているようです。

2. ELM327アダプタは、違法ではないにしろ、クルマメーカが認めた正規診断ツールというわけではなく、どちらかというとアンダーグラウンド(UG)な部品であるため、基本的に中国で生産されたものがほとんどですが、それ故品質が悪い物や、最悪ケースだけで中身が空っぽ、とかいう物が紛れているようです。あまり安い物に飛びつかず、多少高くてもAmazonの評価が高い商品、業者から購入することをオススメします。
私は一番評価が高いこちらの商品、業者から購入しました。

リーフの診断コネクタは、運転席の下側にあります。診断コネクタにはバッテリ直の電源が来ているので、アダプタを挿している間は常時通電状態となりますが、このアダプタには電源ON/OFFボタンがあるので、使わないときは電源を切っておけて便利です。
DSC00325_LR.jpg
Android端末でBluetoothペアリングした後にLeaf Spyを起動すると、何の問題も無く接続し、バッテリの状態を表示しました。
DSC00326_LR.jpg
Leaf Spyで表示できる情報は、バッテリの残量、温度、電圧、消費電流など。充電中の充電電流なども表示できます。
Screenshot_2015-04-20-20-34-51_LR.jpg
ただLeaf Spyの一番のポイントは、ユーザーには詳細が開示されていないSOH(State of Health=バッテリ健康状態)が数値で表示できることです。この数値は最終的にメータ内の12セグメント欠けに結びつくと考えられています。
Screenshot_2015-04-20-20-17-46_LR.jpg
納車後、100kmほど走行した後のSOHは94%。新車でも100%じゃないんだ、という気もしますが、充放電を繰り返す内に数値が上がったりもするようなので、あまり神経質にならない方がよさそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] 純正 充電ケーブルホルダー 取り付け [クルマ]

ディーラーに頼んでいた日産純正の充電ケーブルホルダーが、リーフ納車と同時に届きましたので、早速取り付け。

鋼鉄製でズッシリ重いです。頑丈で防犯性に優れている反面、壁にしっかり固定しないと落下したりして危険です。銀色のホルダーを直接壁に取り付けることも可能ですが、私の場合は隠蔽配線ではないので、それを隠す目的もあって、黒いスペーサーで5cmぐらい浮かせて取り付けます。
ちなみに価格は日産カード2割引きで14,000円弱でした。
DSC00312_LR.jpg
ヘーベルハウスのように、ALCに何かを固定する場合は、専用のネジが必要です。ホームセンターで買ってこないといけないな、と思っていたら、先日の配線工事の際に「これこれこういうホルダーを後から取り付けようと思っているんですよ」と話していたら、ALC専用ネジ6本を頂きました。ホームセンターで購入すると結構高いものなのでありがたい。ALCは非常に柔らかいので、このネジをドライバーで手で締め付けることができます。インパクトドライバーは使ってはいけません。
DSC00313_LR.jpg
で、作業時間10分で取り付け完了。特に厳密な位置調整などせず、目分量で固定したらたまたま、まっすぐ取り付けることができました。ALCとはいえ6本の専用ネジで固定すればビクともしません。
DSC00314_LR.jpg
横から見るとこんな感じ。
DSC00317_LR.jpg
充電ケーブルはここに置きっ放しになるので、コントロールボックスは錠前2個でがっちり固定。ここに2つの錠前を入れること自体、知恵の輪並みに難しく、自分でも2度と取り外せないかもしれません。
DSC00319_LR.jpg
こんな感じで余ったケーブルはホルダーに巻き付けておくことができます。電流が多いのでケーブルを巻き付けておいたままの充電はロスが多いかもしれませんが。
これにて200V普通充電設備はすべて完了です。
DSC00322_LR.jpg

最後に、充電ケーブルホルダーの説明書を上げておきます。自分自身、本当にここに取り付けられるのか?スペーサの下にケーブルを通せるのか、などわからないことが多く、一か八か、の部分があったので、これからリーフを購入される方の参考になれば幸いです。
150418_01_LR.jpg
150418_02_LR.jpg
150418_03_LR.jpg
150418_04_LR.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ] 納車 [クルマ]

本日、納車しました。自宅の200V普通充電設備の工事が思ったように進まず、納車が1~2週間遅れましたが、待った分、ワクワク感もひとしおです。
DSC00299_LR.jpg

日産創立80周年の記念限定色を見たのは初めてですが、地雷と思っていたブロンズ色のホイールカバーも悪くない印象ですね。せっかくならアルミホイールだったら良かったのに、と思います。
DSC00303_LR.jpg

特別塗装色だけあって、まさに真っ白!営業さんとの関係もあって、ディーラーが提供しているコーティングを施しましたが、頻繁に洗車しないとすぐに汚くなりそうです。
DSC00308_LR.jpg

オドメータは納車の時点で47kmくらいでした。在庫車で生産してから数ヶ月(ヘタしたら1年近く)経過しているとは言え、少し多いのが気になりますが、、
DSC00311_LR.jpg
2013年11月に納車されたセレナについては、ほとんどブログエントリしませんでしたが、リーフはいろいろネタがありそうですので、順次エントリしていこうと思っています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ]200V配線工事 完了 [クルマ]

予定通り、本日、リーフ普通充電用の200V配線工事が実施されました。しばらく続いていた雨もあがり、絶好の工事日和です。作業はhttp://digigen.blog.so-net.ne.jp/2015-04-04で検討したとおりに進めます。

案の定、床下に200V電源ケーブルを通す作業が一番時間がかかりました。
DSC00284_LR.jpg

作業員の方に狭い床下にカッパを着て潜ってもらった結果、なんとか配線を床下を通すことが出来ました。ケーブルの乱れ方を見ると、苦労した様子がわかっていただけるかと思います。
IMG_1729_LR.jpg

唯一、ALC(ヘーベル板)に穴を開けた箇所。極力小さな直径2cmぐらいの穴で作業してもらいました。
DSC00287_LR.jpg

200Vコンセントと手元スイッチの設置状況。隠蔽配線できないので、コンセントやスイッチもボックスによって固定するしかありません。ヘーベルハウスに20~30万払えば隠蔽配線も不可能では無いと思いますが、工事費用無料の方を選択しました。
DSC00290_LR.jpg

コンセントボックスのすぐ下に、日産純正の充電ケーブルホルダーを設置する予定です。
DSC00291_LR.jpg

工事は3人がかりで3時間半で完了。最後に絶縁テスターでアースが取れていること、アース-L/N間の絶縁をチェック、200Vが来ているかをチェックして完了です。

あとは18日の納車を待つだけ、ですね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[Apple Watch] 予約しました [腕時計]

腕時計好きとしては Apple Watch に対しては、基本否定的なのですが、肯定するにも否定するにも、使ってからじゃないと説得力がありませんので、一番安い奴を予約してみました。
150410_01_LR.jpg
正直、こっぱずかしくて会社に着けていく勇気はないので、休暇中に試用するためにもGW前の24日に届いて欲しいな、と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[日産リーフ]普通充電用 200V配線工事方法の検討 [クルマ]

先日契約した 電気自動車 日産リーフ を、自宅で充電するための200V配線工事方法を決定するために、日産から工事を請け負っている電気工事会社の方が下見に来ました。

日産が推奨している電気自動車用普通充電の配線条件は、簡単に言うと
1. 室内分電盤から分岐無しの専用配線で屋外コンセントまで配線する。
2. ケーブル太さ2.6mm以上。(200V用エアコンやIHコンロは2.0mmを使うことが多い)
3. 屋外コンセントの横に手元スイッチの設置。(プラグ抜き差しの際はスイッチOFFを推奨)

詳細はこちら
http://ev.nissan.co.jp/LEAF/PDF/guideline_charge.pdf

屋外に100Vコンセントが設置してあっても、その配線は電気自動車用にはほぼ使えません。私は、2010年のマイホーム建築の際に、将来のEV/PHEV時代を見据えて「屋外コンセントに200Vが配線できるようにしておいて」という条件を付けていましたが、当時は上記のような詳細なガイドラインがなかったため、専用配線でもなければケーブル太さも足りず、結局電気自動車には使えない、ということになってしまいました。

つまり、室内分電盤から屋外に配線を引っ張り出す方法を探すために、電気工事会社に方が下見に来た、ということになります。文字で書くと簡単に思えますが、実は1週間前に一度下見していただいた時の結果は「屋外に配線を引っ張り出す手段が見つからない」という絶望的なものでした。
ヘーベルハウスは高耐震、高断熱の作りのため穴を開けずにケーブルを外に出すルートがなく、しかも外壁に穴を開けてしまうとメーカ保証がなくなってしまう可能性があるため、ヘーベルハウスと相談ということになりました。

ヘーベルハウスの躯体、電気工事担当部署から、電気工事会社に連絡してもらった結果、ソリューションが見つかったということなので、今回の下見でリベンジ、ということになりました。。リベンジ出来なかった場合、自宅での充電は諦めるということになります。。それは避けたい、、、

ヘーベルハウスが提案してきたソリューションは、配電盤から200V専用ケーブルを風呂場の壁の内側を通し外壁の横まで配線します。
DSC00280_LR_LR.jpg

外壁に30mmくらいの穴を開けてケーブルを外に出します。(外壁に開ける穴は50mm以下であれば保証に影響がないそうです。)外に出したケーブルを基礎(土台)の通気口から床下に引き込みます。
DSC00278_LR_LR.jpg

床下に入れたケーブルを家の正反対側の通気口から出して、専用コンセントを設置します。全ケーブル長は10~15mとなる見込みです。
DSC00282_LR_LR.jpg

通常の家の構造であれば、配電盤からケーブルを直接床下に落とせるのですが、床にも1面ALC(軽量コンクリート、ヘーベル板)が貼ってあるため直接床下にアクセスできない。なので、一度外壁横から外に出して、それを再度床下に入れるという回りくどい方法しかない、と言うわけです。

床下へのアクセスも、点検口の数が限られており、しかも人が入ることができないので、このような感じで作業することになると思います。
DSC00279_LR.jpg
工事見積もりの結果は、14万円弱。高い。日産の営業さんもこの価格に少しビックリしていました。ただし日産販売会社のキャンペーンで工事費用を上限15万円まで補助してくれるので、私の持ち出しは0円です。(この工事費用補助も、今回のリーフ契約の理由の一つです)
150404_01_LR.jpg

工事は4/16、納車は4/18に決まりました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。