So-net無料ブログ作成

カナルワークス CW-U12aEX ゲット [オーディオ]

Final F7200を使い始めたころから、イヤホン業界において大手以外の日本のメーカも頑張っているんだな、と感じ、その流れで他の日本メーカのイヤホンも気になって調べてみたところ「カナルワークス」という埼玉のメーカもカスタムIEMを中心に評判が良い、ということを知りました。

ずっとカスタムIEMだけを販売してきたカナルワークスが、昨年末に初のユニバーサルイヤホン「CW-U12aEX」と「CW-U02」を発売したことが話題になったそうですが、その話題の高さからか、ずっと品薄が続いているようです。
CW-U12aEX、CW-U02はそれぞれ、2BA、1BAのイヤホンで、以前からカスタムIEM「CW-L12aEX」「CW-L02」として販売されていたものをユニバーサルかしたものらしいです。

数ヶ月間品薄だったものが、やっと入荷され始めたようなので、CW-U12aEXとCW-U02の二つを同時ゲットしてみました。

なぜ似たようなイヤホンを同時に買ったのか?その理由は、今所有しているイヤホンによります。お気に入りのFinal F7200と、いまいちだったUnique Melody MACBETH II Classic。それぞれ1BAと2BAなので、私の中では1BAの株があがっており、2BAはめっきり下がってしまっています。
この基準だけでいえば1BAのCW-U02だけを買えば良さそうですが、2BAのCW-U12aEXのユーザー評判も結構高いため、もしかして2BAイヤホンも捨てた物では無いのかもしれない、という疑念を晴らすべく、同時購入に踏み切りました。

在庫が復活してきたとはいえ、十分ではなく、それぞれ別々の店舗から購入したため、2BAイヤホンであるCW-U12aEXが先に届きました。
簡単に開封と音質について紹介します。

DSC04341_LR.jpg

茶箱に手作り感のあるポーチ。今や中華イヤホンでもありえない梱包ですが、こういうのも悪くないですよね。

DSC04342_LR.jpg

使いやすそうなキャリングケースが付属します。

DSC04343_LR.jpg

DSC04345_LR.jpg

実物を初めて見ましたが、最初の一言目は「めちゃくちゃキレイ!」でした。

DSC04347_LR.jpg

DSC04349_LR.jpg

二つのBAドライバがみえます。

DSC04351_LR.jpg

ノズルはアルミ削り出しです。

2BAで6.5万円というのは決して安い価格帯のイヤホンではありませんが、見た目のキレイさや加工精度を見ると、価格相応かな、という気がしてきます。少なくとも1,2万のイヤホンでは実現できない作りだと思います。
ユニバーサルとは言え、一つ一つカスタムIEMと同じ製法で作られているそうで、いわば手作り。それ故、シェルの中に気泡などはなく、透明度も高く、所有して使う喜びを感じることのできるイヤホンです。そういう意味では、もはやカスタムIEMに近いのかも。。

さて問題の音質です。

Unique Melody MACBETH II Classicで2BAイヤホンの印象が悪くなっている私にとって、見た目の良さとは裏腹に音質については過度な期待は禁物、と気持ちにブレーキがかかっている状態です。

早速、QP2RにCW-U12aEX付属のケーブルでアンバランス接続してみました。

良い意味で期待を裏切られました。良いです。スゴく良いです。
気のせいかとおもって小一時間、聴いてみましたが、やっぱり良いです。悪いところが見つかりません。もう1時間、他のイヤホンをとっかえひっかえ、聴いてみましたが、やっぱり良いんです。

低域はほど良く出ていますが、強すぎません。ちょうど良い、好みの量感です。私にとってはSE846が低域出過ぎなのですが、その半分ぐらいです。低音を無理して出しているわけではないので、丁寧に出しているなと思いますし、それゆえ、音の解像度も悪くないです。

高域は透き通っています。思いっきり高域によせたF7200よりは高音の密度は低いのですが、低域と同じで高域も「ちょうど良い」のです。出過ぎることなく、不足感もないです。
中域もちょうど良いです。それぞれのBAの間のクロスオーバー周波数域で若干の沈み込みがあるような気がしますが、MACBETH IIと比べると全く気にならないレベルです。

つまり、低域も中域も高域も、すべてにおいてちょうどよく、聴いていて心地よいです。すべてちょうど良い、というと「退屈そう」と思われるかもしれませんが、すべてにおいてちょうど良いイヤホンって実はそう多くなく、少なくとも私はこんなにちょうど良いイヤホンに初めて出会ったので、そのちょうど良さを楽しむことが出来ています。

もちろん、音の解像度、で言えば、SE846やMAVERICK IIのようなマルチBAドライバイヤホンの方が良いです。しかし、マルチBAであることのデメリットはクロスオーバーポイントが増えることによる音の切れ味の低下なのだとすると、2BAのCW-U12aEXは、低域と高域でちょうど良い切れ味を保っており、聴いていてモヤモヤすることなく、スカッと気持ちが良いのです。

DSC04377_LR.jpg

CW-U12aEXの透明なシェルの中身を見ると、単純に2つのBAドライバをくっつけて、その出力は音導管で細工することなく、ストレートにノズルに接続されているだけなのに、どうしてこのような気持ちよい音が出せるのか、本当に不思議です。

私の中で2BAイヤホンに対する疑念が晴れました。そしてカナルワークスという日本のメーカも大好きになりました。
2BAであるCW-U12aEXがこんなに良いのであれば、もしかしたら1BAのCW-U02も負けず劣らず良いのでは無いか?という期待が膨らみます。
CW-U12aEX入手の翌日に手にしたCW-U02の音質については、次のブログエントリで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。