So-net無料ブログ作成
検索選択

[MateBook] USB Type-Cによる充電検証 [PC]

MateBookの充電は、現行のMacBookやMacBook Proと同じく、USB Type-Cから行います。

APC_0026.jpg
MateBook付属のACアダプタとUSB Type-Cケーブル。ACアダプタは非常に小型で便利。
APC_0028.jpg
ACアダプタの電気的仕様。
入力は100~240Vワールドワイド入力対応なのは当然ですが、注目すべきは出力仕様。
5V 2A / 9V 2A / 12V 2A
と、あまり見慣れない複数の電圧出力に対応しています。これはUSB Type-C PD(Power Delivery)に定義されている仕様で、このACアダプタはMateBook専用充電器、ではなく、USB Type-C PD仕様の汎用充電器、ということになります。

では、USB Type-Cに対応したUSBチェッカーを使って、充電電圧・電流を計測してみます。
現在、USB Type-Cに対応したUSBチェッカーは私が知る限り1つしかありません。


APC_0029.jpg
ACアダプタの出力仕様に記載されているとおり、12V 2Aで充電しています。MateBook電源ON/OFFにかかわらず、ずっと一定の電圧、電流をキープしています。

APC_0032.jpg
USB Type-C PDに対応したケーブルであれば、純正ケーブルでなくても充電可能です。
写真のケーブルはエレコムのUSB3-CCP10NBKで、USB Type-C PDに対応し、USB3.1認証に合格したケーブルです。これは最大電流3A対応ですが、5Aに対応したUSB3-CC5P10NBKというケーブルも用意されています。



このエレコムのType-Cケーブルですが、PDの対応をうたっているだけあって線径も太く、でもしなやかなケーブルでかさばらず、コネクタの挿し心地もカチッと気持ちが良いのですごく気に入っています。MateBook付属の純正Type-Cケーブルのコネクタ挿し心地はグニャと気持ち悪い。。

3A対応ケーブルと、5A対応ケーブルの両方を購入していますので、今後MacBook Proが届いたらレビューしようと思います。(MateBookが最大2Aしか流れないため、ケーブルの違いがわかりません。)

このように、汎用規格USB Type-Cによる充電を採用しているMateBookは、充電機器に汎用品を使える、ということになります。そこで次のエントリではモバイルバッテリーによる充電を検証してみようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。