So-net無料ブログ作成

USB負荷でモバイルバッテリーの容量チェックをしてみた [モバイル]

Amazon内を探検していたら、可変式のUSB負荷を見つけたので、思わず買ってみました。



DSC02736.jpg
販売元はkaumoカウモ、というところですが、kaumoカウモのホームページは現在もぬけの殻です。
http://www.kaumo.net

DSC02737.jpg
青い部品に付いているつまみを回すと、負荷を可変することができます。つまみは10回転ぐらい回るため微調整が可能で、ほぼ0Aから3A以上まで幅広い電流設定が可能です。
ヒートシンクにファンが付いており、温度が高くなったときだけファンが回る仕組みです。

DSC02738.jpg
裏には電流検出用のシャント抵抗(R025と書かれた部品)と、エネルギーを熱に変換するFET(一番大きな部品)があります。
DSC02741.jpg
モバイルバッテリーをチェックするために、累積電力と計測時間を表示できるタイプのUSB電流計も購入しました。



DSC02742.jpg
電圧、電流、電力だけでなく、負荷の抵抗値やD+/D-の電圧、本体の温度を表示したり、と、超高性能なUSBチェッカーとなっています。

早速、モバイルバッテリーの容量チェックをしてみます。
モバイルバッテリーを満充電にした状態で、USB負荷で出力電流を1.5Aに設定し、バッテリーが空になるまで放置します。

まず、購入して約1年。モバイルバッテリーとしてはすごく評判の良いcheeroのPower Plus3 mini。6700mAh/24.12Whです。
DSC02747.jpg
全容量18.3Whなのでスペックに対して容量比76%。少ないように思うかもしれませんが、回路の損失などを考えると優秀ですし、1年使ってもほとんど劣化していないことがわかります。

DSC02746.jpg
もう5年ぐらい使っている元祖「モバブー」、QE-PL201は約11Wh。元のスペックは20Whなので、すでに半分ぐらいの容量になってしまっています。

DSC02745.jpg
一昔前は超巨大だと思っていたモバブーの8700mAh/32.2Whモデル。計測結果は20Wh、スペックとの容量比62%ぐらいなので上のモバブーよりはマシですが、cheeroと比べると低い値となっています。

最近購入した、cheeroのPower Plus 3 20100mAhや、RAVPowerの26800mAhなどは、バッテリーが空になるまで何10時間かかるかわからないので、まだ試してません。。。

たくさんモバイルバッテリーを持ってる方は試して見てはいかがでしょうか?

モバイルバッテリーは、頭にAが付くところのよりも、cheeroがオススメですよ。(個人的な感想です)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0