So-net無料ブログ作成
検索選択

モバイルバッテリー 多摩電子 リチウムDEチャージ16000 TL160K ゲット [Mac]

Just System のオンラインショップ「Just MyShop」で、多摩電子 リチウムDEチャージ16000 TL160K が会員特価で 9,999円ですよというメールが来ました。以前から PC/Mac 兼用のポータブルバッテリは欲しいと思っていたし、すでにあるポイント使うともっと安くなるので即ゲット。

DSC00859_LR.jpg
バッテリ本体、充電用ACアダプタ、各社 Windows PC 用の変換DCプラグ、写真には写していませんが、USB ケーブルと iPhone、ケータイ、PSP、DS用の変換ジャックもついています。

TL160K には Mac 用DCプラグが付属していませんので、そのままでは Mac に対応できませんが、ケーブルとコネクタさえ調達すれば使えるとのこと。

2012年06月06日のブログ|Apple製品を仕事や趣味でフル活用する技
http://ameblo.jp/riodejam/day-20120606.html

DSC00861_LR.jpg
Mac では一番有名なモバイルバッテリー「HyperJuice」の一番小さいタイプ 60Wh と同じバッテリ容量ですが、TL160K より薄くて平べったい。手に持った感触は金属のひんやりした感じで放熱も良さそうだし、サラッとした表面処理に高級感もあります。

DSC00864_LR.jpg
数多くの PC に対応できるように、手動の電圧切り替えスイッチが用意されているのも良い。上述の Mac 専用 HyperJuice は出力電圧の切り替えはできません。
逆に言えば、電圧設定を間違えると、接続した PC を壊してしまう恐れもあります。設定電圧には十分な注意が必要です。

DSC00865_LR.jpg
とりあえず、上で紹介したこちらのブログで紹介されていた DC延長ケーブルと MagSafe 変換ケーブルを購入。9月7日にオーダーして、9月13日に届きました。
なお旧型の Magsafe コネクタのため、そのままでは Retina MacBook Pro と MacBook Air(Mid2012) には接続できません。Apple から発売されている、Magsafe - Magsafe2 コンバータが必要です。(写真右下の小さい部品)

早速、出力電圧を 16V に設定して、MacBook Air(Mid2012) に接続してみます。

DSC00866_LR.jpg
無事、充電できました!

次に、Retina MacBook Pro に接続してみます。

DSC00869_LR.jpg
一瞬、充電しているかのように見えます。が

DSC00868_LR.jpg
すぐに充電が止まってしまいます。上の写真の「16V」の赤い LED が消灯しているのがわかります。
おそるおそる出力電圧を 12V、19V に設定してみましたがやはりダメ。どうやら、TL160K がなんらかの理由で給電を止まってしまっているようです。

このままでは TL160K は Retina MacBook Pro では使えないということになってしまうので、原因を調査してみることにしました。


まだ買うのは早いかも?!
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0